bmr

bmr>NEWS>マーク・ロンソン、ブルーノ・マーズとの「アップタウン・ファンク」が14週目の全米1位で歴代2位に

NEWS

マーク・ロンソン、ブルーノ・マーズとの「アップタウン・ファンク」が14週目の全米1位で歴代2位に

Mark Ronson - Uptown Funk - Still

故エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)の“Rehab”などのプロデュースで知られるグラミー授賞DJ/プロデューサー、マーク・ロンソン(Mark Ronson)の大ヒット・シングル“Uptown Funk”が、先週に続いてまたも全米チャート1位を獲得。これで14週目の1位となり、歴代2位となる記録となった。

人気シンガーのブルーノ・マーズ(Bruno Mars)をゲストに迎えて発表された“Uptown Funk”は、全世界61ヵ国のiTunesシングル・チャートで1位を獲得、英米同時1位制覇など大旋風を巻き起こしているが、発売から5ヶ月ほどが経つ中、さらなる快挙を成し遂げている。同曲は先週の時点で、2010年代でもっとも長く1位を制したシングルとなったばかりだが、今週、14週連続となる全米シングル・チャート1位を獲得。14週1位というのは、マライア・キャリー(Mariah Carey)の“We Belong Together”(05年)、ボーイズIIメン(Boyz II Men)の“I’ll Make Love To You”(94年)、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)“I Will Always Love You”(92年)などと並ぶロングヒット記録で、史上2位となる。これを超えるのは唯一、16週1位を獲得したマライア・キャリー&ボーイズIIメン“One Sweet Day”(95年)のみとなる。

歴代1位の“One Sweet Day”を打ち破るか注目されるところだが、“Uptown Funk”は、ストリーミング再生数でランキングされるStreaming Songsチャート、ラジオ・オンエアによるRadio Songsチャートではそれぞれ12週目と11週目の1位を制したものの、デジタル・セールスによるDigital Songsチャートでは、ついに13週1位の記録を破られ、2位に転落。セールス数は16万3000DLで、前週比1%ダウンと下げ幅は小さいものの、ストリーミングもラジオ・オンエアもわずかながら下降しており、ピークは過ぎたと見られている。現在、マルーン5(Maroon 5)の“Sugar”が4週連続で2位につけており、デジタル・セールス、ストリーミング、ラジオ・オンエアもいずれも上昇。じわじわと“Uptown Funk”の王座に迫っている。

今週3位には、人気映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラックからのセカンド・シングルとなる、エリー・ゴールディング(Ellie Goulding)の“Love Me Like You Do”が再びランクイン。そして同サントラのファースト・シングルとなる、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)の“Earned It”が4位に浮上。同曲はこれまで5位が最高位だったため、新たな記録となった。自身最大のヒットとなっている“Earned It”は、Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートでは先週に続き2週目の1位を獲得。15週目ながら、デジタル・セールスが前週比17%アップ、ラジオ・オンエアは21%アップなど勢いを見せており、総合チャートでのさらなる上昇もありそうだ。

新鋭ラッパーのフェティ・ワップ(Fetty Wap)“Trap Queen”が先週に続いて6位、先週トップ10に初登場となったフロー・ライダー(Flo Rida)の“GDFR”が先週10位から8位に上昇となる中、リアーナ(Rihanna)、カニエ・ウェスト(Kanye West)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)によるコラボレーション曲“FourFiveSeconds”は先週の8位からさらに下がり、今週9位に。

一方で、アルバム・チャートで先週17位から今週2位に急上昇した映画『ワイルドスピード SKY MISSION』(原題『Furious 7』)のサウンドトラックから、ウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)の“See You Again”が、先週の84位から10位に大ジャンプ。北米で今月3日に映画が公開され、サウンドトラック自体が伸びたのも大きな要因だが、この人気シリーズの第一弾から出演し、最新作が残念ながら遺作となってしまった俳優ポール・ウォーカーへの追悼曲という点からも注目されており、デジタル・セールスのDigital Songsチャートでは、マーク・ロンソン“Uptown Funk”を打ち破って1位を獲得。デジタル・セールス前週比488%アップという驚異的な伸びを見せている。つい先日にはポール・ウォーカーの映像もフィーチャーされたミュージック・ビデオが公開されており、来週以降さらに上昇しそうだ。