bmr

bmr>NEWS>クリスティーナ・ミリアン、リル・ウェインとの交際を認める 「彼を愛してる」

NEWS

クリスティーナ・ミリアン、リル・ウェインとの交際を認める 「彼を愛してる」

Christina Milian and Lil Wayne

全米チャート最高5位になった“Dip It Low”のヒットで知られる女性シンガーで、女優・タレントとしても活躍しているクリスティーナ・ミリアン(Christina Milian)が、以前から交際が噂された人気ラッパーのリル・ウェイン(Lil Wayne)との関係を認める発言をした。

2009年に、人気シンガー・ソングライター/プロデューサーのザ・ドリーム(The-Dream)と電撃結婚、翌2010年2月に娘を出産するも、2009年末にはすでに破局していたことが後に明らかになるなど電撃離婚も話題となったクリスティーナ・ミリアン。この結婚・出産・離婚騒動を前後して音楽活動からしばらく離れていたが、2012年にはリル・ウェイン率いるYoung Money Entertainmentと契約したことを発表。2014年にリリースされたレーベル・コンピレーション『Young Money: Rise Of An Empire』では、“Video Model”という曲でリル・ウェインと共演するなど音楽活動を徐々に再開させつつある。

そして徐々に両者の距離が接近し、昨年7月には〈ESPY Awards〉の授賞式で手を繋いで公の前に姿を現し、周囲を驚かせた。もっとも当時は、「ただのビジネス」と交際を否定していたが、同年11月には〈American Music Awards〉の舞台でリル・ウェインは、ミリアンとの情熱的なラブソングとなる新曲“Start A Fire”をお披露目。そして今年1月にリリースされたリル・ウェインのミックステープ『Sorry 4 The Wait 2』では、ジェイ・Z&ビヨンセ(Jay Z & Beyonce)夫婦の“Drunk In Love”のリメイクで共演し、さらにふたりの関係が注目を集めた。

今年1月のインタビューでは、「私たちには素晴らしい化学反応があるの」と関係を認めるニュアンスを出していたクリスティーナ・ミリアンだが、とうとう公にすることにしたようだ。先日ラジオ番組のインタビューに応じたミリアンは、「“君の彼氏”のリル・ウェイン」について話を訊かれ、「私たちにはプライバシーがあるの」と最初は言及を避けるも、途中で思わず、「彼はとっても優しいの。彼のことを愛しているわ。……あ、言っちゃった!」とポロリ。大いにスタジオが湧き、そのまま左手の薬指に光るダイヤの指輪について「婚約指輪?」と訊ねられると、婚約指輪であることは否定しながらも、「ちょっとしたプレゼントよ」とコメント。そして最後に改めて、「彼のことを愛している?」と質問されると、「もう言ったじゃない」と言いながらも、「ええ。彼のことを愛してる」と幸せそうに笑いながら答えている。

クリスティーナ・ミリアンは、今年3月になって“Rebel”、そして“We Ain’t Worried”と新曲を連続リリースしたほか、1月から3月までは彼女のリアリティ番組『Christina Milian Turned Up』が放送されるなど積極的に活動している。リル・ウェインは、Young Moneyの親会社 Cash Money Recordsに対し、契約解除と契約違反の違約金などを求めて訴訟を起こしており、その関係か、“Rebel”、“We Ain’t Worried”ともに発売元はCash Moneyではなくなっている。係争は、ニューヨークからニューオーリンズに場所を移すことで両者が合意し、継続しているという。

なお、クリスティーナ・ミリアンの元夫であるザ・ドリーム、そして今回交際を認めたリル・ウェインは、いずれも過去に女性R&Bシンガーのニヴェア(Nivea)と交際していた。リル・ウェインとニヴェアは2002年に婚約したものの、翌年に婚約を破棄。ニヴェアはその後、まだブレイクする前のザ・ドリームと交際し、2004年に結婚、1女2男をもうけたが、2008年に離婚した。離婚後は再びニヴェアとリル・ウェインの交際が始まり、ニヴェアは2009年にはリル・ウェインとの子を出産したが、2度目の婚約も破綻している。

クリスティーナ・ミリアンは、ザ・ドリームとニヴェアが離婚した翌年にザ・ドリームと交際し、結婚・離婚を経て、今度はリル・ウェインと交際することになる。これについてニヴェアは、「彼女と話したことはないけど、間違いなくこんなフザけた頭のおかしいことはサポートできないわ」とミリアンを非難している。