bmr

bmr>NEWS>ケンドリック・ラマー新作が2週連続で全米チャート1位に アクション・ブロンソン新作は7位に初登場

NEWS

ケンドリック・ラマー新作が2週連続で全米チャート1位に アクション・ブロンソン新作は7位に初登場

Kendrick Lamar - To Pimp A Butterfly

大手ストリーミング・サービスのSpotifyで世界記録を打ち立てるなど大反響を呼んでいるケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の最新作『To Pimp A Butterfly』が、先週に続いて今週も全米アルバム・チャートを制した。

人気若手ラッパーのケンドリック・ラマーが、メジャー・デビュー作『good kid, m.A.A.d city』からおよそ1年半ぶりにリリースした新作『To Pimp A Butterfly』は、昨年の先行シングル“i”ですでに今年のグラミー賞で最優秀ラップ・ソング、最優秀ラップ・パフォーマンスの2部門に輝くなど大きな注目を集める中、当初の発売日23日の予定から1週間前倒しし、米時間で3月15日にサプライズ・リリースされた。カニエ・ウェスト(Kanye West)、ティンバランド(Timbaland)、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)からテイラー・スウィフト(Taylor Swift)までもがこの新作に興奮した様子をTwitterで綴り、Spotifyでは発売初日、世界新記録となる960万回再生を記録。先週、見事に全米チャートで初登場1位を獲得した。

そして今週もその勢いは衰えず、ケンドリック・ラマー『To Pimp A Butterfly』が2週連続で1位に。アルバム・セールスは2週目でおよそ10万7000枚となり、ストリーミング再生やトラック単体セールスなどのポイントを足した総合でおよそ12万3000枚となった。今年2番目の初動を記録した、初登場のおよそ32万4000枚(総合およそ36万3000枚)からはセールスは落ちたものの、R&B/ヒップホップ作品としては、2週連続の1位獲得は、2013年末から2014年初頭に3週連続で1位になったビヨンセ(Beyonce)『Beyonce』以来となる。

2位と3位は、先週から変わらず、人気TVドラマ『Empire 成功の代償』のサウンドトラックと、話題の映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサウンドトラックに。4位から6位にはサム・スミス(Sam Smith)、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、エド・シーラン(Ed Sheeran)が相変わらず強さを見せる中、今週7位にアクション・ブロンソン(Action Bronson)の新作『Mr. Wonderful』がランクイン。ユニークなキャラクターでも知られる巨漢の白人ラッパーにとってメジャー・デビュー作となるこの新作には、マーク・ロンソン(Mark Ronson)、チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)、アルケミスト(The Alchemist)らが参加しており、初週でおよそ4万9000枚(実売およそ4万3000枚)を記録し、トップ10入りを果たした。アクション・ブロンソンにとってはEP『Saaab Stories』での63位が過去最高位で、彼にとって初のトップ10ヒットとなる。

また、アール・スウェットシャツ(Earl Sweatshirt)の新作『I Don’t Like Shit, I Don’t Go Outside: An Album By Earl Sweatshirt』が、およそ3万枚(実売およそ2万7000枚)で今週12位に初登場。およそ4万9000枚のセールスで初登場5位だった前作『Doris』と比べると落ち込んでいるが、この新作は発売日の1週間前にリリースが発表され、ほぼノンプロモーションの状態だった。