bmr

bmr>NEWS>ザ・ゲーム、新作『The Documentary 2』は6月に カニエ、ドレー、ティンバランドら参加か

NEWS

ザ・ゲーム、新作『The Documentary 2』は6月に カニエ、ドレー、ティンバランドら参加か

The Game

ドクター・ドレー(Dr. Dre)のバックアップを受けて2005年に『The Documentary』でメジャー・デビュー、大ヒットを記録したことでも知られる米ロサンジェルスの人気ラッパー、ザ・ゲーム(The Game)が、メジャー・デビュー10周年となる今年、その続編に位置づけられるニュー・アルバム『The Documentary 2』をリリースする。

2012年末に出された最新作『Jesus Piece』を最後に、デビューから所属していたInterscope Recordsとの契約を終え、インディペンデントへと活動の場を移したザ・ゲーム。昨年10月にはインディ最大手のeOne Musicと組み、多数のラッパーをゲストに迎えたコンピレーション的な新作『Blood Moon: Year Of The Wolf』をリリースしていたが、いよいよ自身の新作へと動き出す。

昨年の時点では、『The Documentary』発売のちょうど10年目にあたる今年1月18日に、自身最大のヒット作の続編となる新作『The Documentary 2』をリリースするとアナウンスしていたが、こちらは延期。代わりにドクター・ドレーやケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)、アブ・ソウル(Ab-Soul)といった面々をゲストに迎えて華々しい10周年記念公演を行っていたザ・ゲーム。だが、ついに注目の『The Documentary 2』がまもなく完成するようで、その発売日を6月30日になるとREVOLTの取材の中で発表した。この日は、『The Documentary』スペシャル・エディションのカバーアートを飾った長男ハーレムの誕生日に当たるという。ザ・ゲームは、「子供たちが俺のエネルギーなんだ。あの子たちが俺のモチベーション、燃料になれば、『The Documentary』の30周年についてだって話せそうだ」と、自身の音楽活動において子供の存在の大きさを語っている。

ザ・ゲームは、この新作『The Documentary 2』からすでにミーク・ミル(Meek Mill)をゲストに迎えた新曲“Soundtrack”をファースト・シングルとして発表しているほか、トゥパック(2 Pac)“Ambitionz Az A Ridah”にインスパイアされた曲で、デトロイトの若手女性ラッパー/シンガーのデージ・ローフ(DeJ Loaf)とコラボレーションした“Ryda”も明らかになっている。先週彼がラジオ番組で語ったところによれば、新作はすでに90%出来ており、10年前の『The Documentary』を手がけたドクター・ドレーカニエ・ウェスト(Kanye West)、ティンバランド(Timbaland)、ジャスト・ブレイズ(Just Blaze)、スウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)、スコット・ストーチ(Scott Storch)らと再タッグを組んでいるのだとか。またザ・ゲームは今月頭、エリカ・バドゥ(Erykah Badu)とスタジオ入りしたことも明らかになっている。