bmr

bmr>NEWS>「ブラード・ラインズ」著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴 「恐ろしい前例になる」

NEWS

「ブラード・ラインズ」著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴 「恐ろしい前例になる」

Robin Thicke - Blurred Lines (single)

2013年夏に12週に渡って全米チャート1位を独占したロビン・シック(Robin Thicke)の世界的ヒット・シングル“Blurred Lines”が、マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)の楽曲を“盗用”しているとして権利者の遺族側から訴訟を起こされている問題で判決が下り、著作権侵害が認められてロビン・シック側が敗訴。740万ドル、およそ9億円の損害があるとされた。

この問題は、ロビン・シックの“Blurred Lines”がマーヴィン・ゲイの1977年のヒット曲“Got To Give It Up”を引用しているとして訴えられているもの。ロビン・シックと、この曲を手がけたヒットメイカーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)は、まったく別の曲であると真っ向から否定。対立状態となり、“Blurred Lines”が著作権侵害を犯しているかどうかを争って裁判が行われていた。

ファレルは、「俺はマーヴィン・ゲイの大ファンだ。彼は天才」と前置きした上で、「譜面を読むことだ。そうすればまったく違う曲だと分かる。譜面が読めて演奏できる人は、ピアノの前に座って両方を演奏してみればいい。一方はマイナー・コードで、もう一方はメジャー・コードだ。音の高さですら一緒じゃない」として完全否定し、「ゲイ側の言い分は基本的に、“Blurred Lines”と“Got To Give It Up”の“フィーリング”が同じである、同じように“聞こえる”というもの。しかし、似たように“聞こえる”というのは著作権侵害にはあたらない」とロビン・シック側は一貫して“パクリ”ではないと主張していた。

ロビン・シックの弁護士は裁判の冒頭に「誰もジャンルやスタイル、グルーヴというものを“所有”することはできない。マーヴィン・ゲイにインスパイアされた、ということは栄誉あることなのです」と述べ、ゲイ側の権利は譜面上に書かれているものだけに留まるのであって、パーカッションやボーカルが作る“フィーリング”は別であること、そして、いかに2曲が違うかを証言する参考人を用意して弁護を展開。ファレルも参考人として出廷し、「70年代のあのフィーリング」を意識したが、フィーリングが似ているというのは著作権侵害にはあたらないと主張を繰り返した。

この裁判の最大の争点は、パーカッションやボーカルなどサウンドを構成する要素が、“作曲”に含まれるか、そして著作権者の権利に含まれるかどうかという解釈にあった。ゲイ側は、陪審員に対し“Got To Give It Up”の音源そのものを“Blurred Lines”と比較させたがったものの、「著作権者の権利は譜面上に書かれているものだけに限定される」という過去の判例によって、最小の要素に絞られた“Got To Give It Up”を聞かせようという流れになったが、ゲイ側の弁護士が猛抗議。「ゲイ側は一度も、モータウン・サウンドの権利を主張したことはありませんが、シック側は、そうしたサウンド・レコーディングから成り立つ音楽的構成要素をコピーすることによって著作権侵害を犯したのです」、「ゲイの遺族は、曲はサウンド・レコーディングの中で出来上がっていくものだ、ということについての参考人を呼びたい。サウンド・レコーディングというものについて、シック側が繰り返し主張している説明は的外れであって、彼らは陪審員を混乱させ、そのようなレコーディングから生まれたものについてゲイ側に権利がないと信じ込ませようとしているのです」などと主張したという。

また、ゲイ側の弁護士は、著作権侵害を証明するにあたって、フレーズの類似性やキーボードとベースの相関関係などを説明する音楽の研究家を呼ぶことはなく、代わりにロビン・シックが2011年にリリースした『Love After War』のリード・シングル“Love After War”において、マーヴィン・ゲイの1976年のアルバム『I Want You』収録の“After The Dance”を無断で引用しているとし、これを立証したいと主張。ロビン・シックが過去にも“盗用”したとの印象付けを行った。

そして最終的には、マーヴィン・ゲイの“Got To Give It Up”を意識して作った、と曲のリリース当初に話すインタビュー映像が仇となったようだ。ロビン・シックは当時のインタビューについて、「私はあの年、ドラッグやアルコールの問題を抱えていた」と自身が正常ではなかったとし、当時メディアに残した「“Got To Give It Up”を意識した」発言などについては「曲を売るために」虚偽を語っていたとも主張していたが、逆にゲイ側の弁護士から、「要約すると……『ああ、コピーしたよ。ああ、パクったよ。ああ、嘘だよ。ああ、毎回話は変わるさ』ということでしょうか。つまりですね、自分が正直な人間でないと主張したロビン・シックをあなたは信じますか?」と突かれている。

ロビン・シック側の弁護士は、「(ファレル・)ウィリアムス氏がヒットを作るために、はたして他人の曲をコピーする必要があるでしょうか?」などと陪審員に問いかけたが、陪審員の心象を覆すことはできなかった。陪審員は、ロビン・シックとファレル・ウィリアムスが著作権侵害をしたと裁定。裁判中には、“Blurred Lines”のヒットでロビン・シックが560万ドル、ファレル・ウィリアムスが520万ドル、ゲスト参加したラッパーのT.I.に70万ドルを稼ぎ、全体では1670万ドルの利益があったということが明らかになり、ゲイ側はツアーの収益なども含め総額2500万ドル以上の損害賠償を求めていたという。陪審員が定めた損害額は740万ドル、およそ9億円相当とされ、ロビン・シックに180万ドル(およそ2.1億円)、ファレルに160万ドル(およそ1.9億円)の支払いを命じたとのこと。またCNNによれば、“Love After War”についても著作権侵害が認められ、9375ドル(およそ114万円)の罰金が科せられたとか。

この判決に対し、ロビン・シック、ファレル・ウィリアムス、T.I.は連名で声明を発表。この判決について、「きわめて残念」であり、「音楽にとって恐ろしい前例となり、クリエイティビティは後退することになるでしょう」などと綴っている。

>> 続報: ファレル&ロビン・シック側は控訴へ(2015.3.13.)
>> 続報: ファレルが裁判後初めて敗訴について発言 「インスパイアを受ける自由を失えば、いずれ、訴訟を恐れ身動きの取れなくなったエンターテイメント業界を見ることになるだろう」と警鐘を鳴らす(2015.3.24.)
>> 続報: ロビン・シックが敗訴について言及 「とても驚いた。だからこそ我々は控訴しようとしているんだ」(2015.7.14.)
>> 続報: “Blurred Lines”の著作権収入について50%をマーヴィン・ゲイ遺族側が受け取ることに(2015.7.19.)