bmr

bmr>NEWS>ワーレイ2年ぶり新作にアッシャー、J・コール、ジェレマイ、SZAら参加

NEWS

ワーレイ2年ぶり新作にアッシャー、J・コール、ジェレマイ、SZAら参加

Wale – The Album About Nothing

人気ラッパー、リック・ロス(Rick Ross)率いるMaybach Music Group(MMG)の看板ラッパーのひとりであるワーレイ(Wale)が、前作からおよそ2年ぶりとなるニュー・アルバム『The Album About Nothing』を3月31日にリリースする。

MMGに加入して初のアルバムとなった2011年作『Ambition』は全米チャートで初登場2位、前作『The Gifted』は全米チャートで見事初登場1位に輝くなど人気を拡大してきたワーレイ。彼がいよいよMMG三作目となる新作『The Album About Nothing』を今月リリースする。

すでに、R&Bシンガーのジェレマイ(Jeremih)をゲストに迎えたリード・シングル“The Body”を昨年発表し好評を博しているが、今月に入って今度はアッシャー(Usher)との新曲“The Matrimony”を公開とミッドR&B路線が続くワーレイ。新作には他に、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)らを擁するTop Dawg Entertainment所属の女性シンガー、SZAに加えて、人気ラッパー/プロデューサーのJ・コール(J. Cole)のゲスト参加が発表されている。制作陣には、“The Body”を手がけたサウンズ(Soundz)、“The Matrimony”を手がけたジェイク・ワン(Jake One)とDJカリル(DJ Khalil)に加え、ジャスト・ブレイズ(Just Blaze)らも参加していると報じられている。

A-トラック(A-Trak)とのコラボレーションで昨年12月に発表されたミックステープ『Festivus』にも収録されていた“The Girls On Drugs”は、ジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)“Go Deep”をサンプリングしており、当初はジャネットが許諾を下さない可能性があるために『The Album About Nothing』には収録されないと見られていたが、無事に収録されることになったようだ。先月末に開催された関係者向けの試聴会のレポートによれば、SZAが歌う“The Need To Know”では、ミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)の名曲“Just Friends (Sunny)”が引用されているとのことで、今回はR&B色の強い内容と見られる。

1. The Intro About Nothing
2. The Helium Balloon
3. The White Shoes
4. The Pessimist (feat. J. Cole)
5. The Middle Finger
6. The One Time In Houston
7. The Girls On Drugs
8. The God Smile
9. The Need To Know (feat. SZA)
10. The Success
11. The Glass Egg
12. The Bloom (AG3)
13. The Matrimony (feat. Usher)
14. The Body (feat. Jeremih)