bmr

bmr>NEWS>アイヤズ、5年ぶり新作を4月に日本先行リリース

NEWS

アイヤズ、5年ぶり新作を4月に日本先行リリース

Iyaz - Aurora

2010年にデビュー・シングル“Replay”が全米チャートで最高2位の大ヒットを記録したことで知られるシンガーのアイヤズ(Iyaz)が、およそ5年ぶりとなるニュー・アルバム『Aurora』を4月に日本でリリースする。

ショーン・キングストン(Sean Kingston)の目に留まったことをきっかけに、ジェイソン・デルーロ“Whatcha Say”などでヒットを飛ばしたプロデューサー、J.R.・ロテム(J.R. Rotem)のレーベル Beluga Heights Recordsと契約し、2010年にデビューしたアイヤズは、デビュー・シングル“Replay”は全米チャートで最高2位、イギリスでは1位となる大ヒットを記録し、一躍話題の新人となった。同年には、ハイチ大地震の復興支援チャリティ・ソングとなる“We Are the World 25 for Haiti”にジャネット・ジャクソン、カニエ・ウェスト、アッシャーらに混じって参加。シャリース(Charice Pempemco)の“Pyramid”へのゲスト参加など活躍していた。

その後もトラヴィス・マッコイ(Travis McCoy)をゲストに迎えたシングル“Pretty Girls”を発表するなど精力的に活動していたアイヤズが、ついにニュー・アルバムを完成。『Aurora』と題された5年ぶり新作は、世界に先駆けて日本先行発売となる。すでに、新鋭ボーイ・レックレス(Boy Rekless)がプロデュースを担当、マドンナ“Revolver”からジャスティン・ビーバー、クリス・ブラウン、ロナルド・アイズレー、ジョニー・ギル、チャーリー・ウィルソンまでを手がける売れっ子デュオ=ジャッキー・ボーイズ(The Jackie Boyz)が制作に関わった“One Million”がリード・シングルとして発表されており、彼らしいキャッチーなフックを聞かせている。

この“One Million”を手がけたボーイ・レックレスが新作のメイン・プロデューサーを務めており、他にも、ケイナーンとネリー・ファータドのコラボ曲“Is Anybody Out There?”を始め、メラニー・フィオナ、セリーヌ・ディオンらを手がけてきたモートサート(Denarius “Motesart” Motes)や、安室奈美恵やピンク(P!nk)などを手がけてきたクリス・ロハス(Christopher Rojas)らがプロデューサーとして参加。また、エル・デバージ、チャーリー・ウィルソン、エイメリー、カイリー・ミノーグらの楽曲に携わってきたリル・エディ(Lil Eddie)がソングライターとして関わるほか、2011年に“Tonight Tonight”が大ヒットしたことで知られる米ポップ・バンド=ホット・シェル・レイ(Hot Chelle Rae)のギタリスト、ナッシュ・オーバーストリート(Nash Overstreet)がゲスト参加している。

アイヤズの新作『Aurora』は、日本先行で4月8日に発売。iTunesでは3月25日からプレオーダーが始まる予定。