bmr

bmr>NEWS>カニエ・ウェスト、気になる新作は「80%完成」

NEWS

カニエ・ウェスト、気になる新作は「80%完成」

Kanye West - Only One

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)との新曲“Only One”を昨年末に発表したのに続いて、リアーナ(Rihanna)、ポール・マッカートニーとのコラボレーション曲“FourFiveSeconds”を1月末に発表しヒット中のカニエ・ウェスト(Kanye West)が、注目のニュー・アルバムについて口を開いた。

以前から、2013年の『Yeezus』に続くニュー・アルバムを制作中であることが明らかになっており、『Yeezus』のエグゼクティヴ・プロデューサーも務めた大御所リック・ルービン(Rick Rubin)に加え、カニエ・ウェスト率いるG.O.O.D. Musicとも契約しているQティップ(Q-Tip)のふたりがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めているとされている。いまだこの新作について詳細は明かされないが、昨年末にポール・マッカートニーとのニュー・シングル“Only One”をサプライズ・リリース。さらに、リアーナ、ポールとの“FourFiveSeconds”をリリースし、先日の第57回グラミー賞の授賞式では両曲ともライブ・パフォーマンスを披露した。また、昨年から注目されていたadidasとのコラボーレーションによるアパレル・ライン「Yeezy」も先日ついにお披露目されたほか、先週末には人気TV番組『Saturday Night Live』の40周年記念特番にゲスト出演し、ヴィック・メンサ(Vic Mensa)、シーア(Sia)をゲストに迎えた新曲“Wolves”を初披露。この曲はニュー・アルバムの1曲目になるとされている。

少しずつニュー・アルバムが明らかになっている中、カニエ・ウェストがニューヨークのラジオ番組に出演。およそ1時間に渡って、新作やグラミー賞、元恋人のアンバー・ローズについてまで大いに語った。その中で注目のニュー・アルバムについて珍しく言及。所属レーベルのDef Jam Recordingsですでに幹部にアルバムを聞かせたなどと報じられていたものの、その完成度は80%なのだという。また、発売日について問われると、「そういうのは時代遅れ」と話しており、サプライズ・リリースの可能性もありそうだ。内容については、『Yeezus』を「音楽に対する抗議だった」と評した上で、「今回のアルバムは音楽を抱きしめるような、喜びを抱きしめるような作品」とコメントしている。

また、先日お披露目された“Wolves”について言及する際、ドレイク(Drake)とのコラボ・アルバムの可能性についてもコメント。「この曲は俺とドレイクの会話から生まれたんだ。俺たちは一緒にアルバムを作ろうって考えてたから。そのタイトルを『Wolves』にしようって考えたんだよ」とカニエは説明している。

カニエ・ウェストの新作には、リアーナ、ポールとの“FourFiveSeconds”も収録予定のほか、カニエはグラミー賞のレッドカーペットでリアーナのニュー・アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーも務めると公言している。昨年から、カニエとリアーナが2015年に合同ツアーを行うとも報じられている。

Jesus Walks / Only One / Wolves (live at SNL 40)