bmr

bmr>NEWS>ビョーク、注目の新作『Vulnicura』をiTunesで緊急リリース

NEWS

ビョーク、注目の新作『Vulnicura』をiTunesで緊急リリース

Bjork - Vulnicura

アイスランド出身の孤高の歌姫ビョーク(Bjork)が、3月にリリース予定と先日アナウンスしたばかりのニュー・アルバム『Vulnicura』をiTunesで緊急リリースした。現時点では日本のiTunesでの取り扱いはない。

ビョークは先週、オリジナル・アルバムとしては『Biophilia』以来およそ3年半ぶりとなるニュー・アルバム『Vulnicura』を3月に発売予定だとアナウンスしたばかりだが、なんと日本時間で21日にiTunes Storeでの発売がスタートした。ビョークは公式サイトにて、「ウェブサイトのみんな、ファンのみんな、Twitterの人たち、ウェブ上の私の音楽をサポートしてくれるあらゆる人たちへ」と向けて、新作『Vulnicura』がiTunesで発売になったと告知。日本を含め、まだ取り扱いが開始していない地域もあるようだが、ワールドワイドで発売されたとしているため近日中に日本でも配信がスタートしそうだ。(※追記:日本でも発売がスタート) CDやレコードといったフィジカルの発売時期などについては言及されていないが、当初の予定となる3月発売と見られている。

カニエ・ウェスト(Kanye West)『Yeezus』への参加や、FKAツイッグス(FKA twigs)『EP2』のプロデュースなどで知られる鬼才プロデューサー、アルカ(Arca)がビョークと共に7曲を共同プロデュースしているほか、英プロデューサーのハクサン・クローク(The Haxan Cloak)が“Family”の共同プロデューサー、そしてアルバムのミックス・エンジニアとして参加。また“Atom Dance”には、『Volta』にも参加していたアントニー(Antony Hegarty)がゲスト参加している。

公式サイトでのビョークの説明によれば、2013年の夏にアルカからビョークに一緒に制作したいとの連絡があり、ちょうど新作の制作に苦戦していたビョークは「完璧なタイミング」と考え、アルカと制作を進めたことで、3年がかりでも完成できなかった楽曲の制作が一気に進み、数ヶ月でアルバムを完成させられたという。「最高に楽しいコラボーレションだった」とビョークは振り返っている。緊急発売の理由については特に触れられていないが、アルバムの音源が流出しており、その対策として発売を前倒ししたものと見られている。

なおビョークは、3月7日と14日にカーネギーホール、3月末から4月頭にかけてニューヨーク・シティセンターで公演を行うほか、6月には〈Governors Ball〉へ出演予定など新作発売に関連してライブの予定もすでにいくつか発表されている。

1. Stonemilker
2. Lionsong
3. History Of Touches
4. Black Lake
5. Family
6. Notget
7. Atom Dance (feat. Antony)
8. Mouth Mantra
9. Quicksand