bmr

bmr>NEWS>銃で撃たれ重傷のビーニー・シーゲル、無事に退院もリハビリへ

NEWS

銃で撃たれ重傷のビーニー・シーゲル、無事に退院もリハビリへ

Beanie Sigel has been released from the hospital

先月、何者かによって銃で撃たれ、腹部に重傷を負って病院に緊急搬送されたことが報じられたベテラン・ラッパーのビーニー・シーゲル(Beanie Sigel)が、無事に退院したことが明らかになった。

ジェイ・Z(Jay Z)のRoc-A-Fella Recordsに所属していたことで知られるビーニー・シーゲルは昨年、現地時間で12月5日(金)午前9時半ごろ、ニュージャージー州プレザントビルの自宅近くで何者かによって銃で撃たれ、腹部に重傷を負ったという。病院に緊急搬送され、一命を取りとめたビーニーは、術後すぐに意識は戻ったものの安静が求められる状態が続くなど経過が心配されたが、今週月曜に無事に退院となったようだ。とはいうものの、ゴシップサイトのTMZによれば、片方の肺が銃の弾丸の破片によりの大きく損傷しており、この損傷した肺は摘出せざるを得なかったとのことで、40歳のビーニーは自宅ではなくニュージャージー州ポモナにあるリハビリ施設へ転院。肺ひとつでの生活に慣れるため、90日間を同施設で過ごすことになるとのことで、ステージ復帰にはしばらく時間がかかりそうだ。地元紙の報道では、ビーニーはクリスマスまで人工呼吸器を必要とする状態で、捜査員との会話もできなかったという。

ビーニー・シーゲルは、息子を学校まで送り届けた直後に事件に遭ったとされている。警察は、犯人のターゲットはビーニー・シーゲルではないと当初見解を出していたが、断定できるものではないようだ。現在も逮捕者は出ておらず、ビーニーの義弟が狙われていたという説やビーニーの義妹が狙われていたという説も出る中、関係者の協力があまり得られていないことから捜査は難航しているとのこと。