bmr

bmr>NEWS>JB伝記映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』、来年5月の日本公開が決定

NEWS

JB伝記映画『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』、来年5月の日本公開が決定

Get On Up: The James Brown Story soundtrack

2006年の12月25日に亡くなった「ファンク・ミュージックの父」、「ソウルのゴッドファーザー」ことジェームス・ブラウン(James Brown)の伝記映画『Get On Up: The James Brown Story』が、ついに『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』の邦題で来年5月に日本で上映されることが、命日となる25日に発表された。

このジェームス・ブラウンの伝記映画『Get On Up』は、2011年のヒット映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』でアカデミー賞3部門にノミネートを受けたテイト・テイラーが監督を務め、製作プロデューサーに、『8 Mile』、『ビューティフル・マインド』などを手がけたことで知られるハリウッドのベテラン、ブライアン・グレイザーに加え、ローリング・ストーンズのミック・ジャガー(Mick Jagger of the Rolling Stones)が参加したことでも話題になった作品。JB役を演じるのは、『42世界を変えた男』で史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンを好演したチャドウィック・ボーズマン。また、3度のグラミーに輝いた人気女性シンガーであり、女優としても活躍しているジル・スコット(Jill Scott)が、JBと1970年に結婚し、81年に離婚した2番目の妻ディーディー・ジェンキンスを演じるほか、ニュー・エディション(New Edition)のメンバーとしても知られるベテランR&Bシンガー、ラルフ・トレスヴァント(Ralph Tresvant)がサム・クック(Sam Cooke)を演じるといったキャスティングも注目を集めた。

本国アメリカでは今年8月に公開されたこの映画が、『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』としてついに日本で公開決定。2015年5月から全国で上映される。未発表ライブ音源も収録されたサウンドトラックや、歌の吹き替えパートを“リトル・JB”との愛称もあるソウル・シンガー、リー・フィールズ(Lee Fields)が担当しているなど、音楽面でももちろん楽しめる作品となっている。

http://jamesbrown-movie.jp/