bmr

bmr>NEWS>リオン・ウェアが6年ぶり新作を日本先行で発売 サンダーキャットら参加

NEWS

リオン・ウェアが6年ぶり新作を日本先行で発売 サンダーキャットら参加

Leon Ware - Sign

マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)“I Want You”やマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)“I Wanna Be Where You Are”といった名曲の作者としても知られるソウル界の生ける伝説リオン・ウェア(Leon Ware)が、およそ6年以上ぶりとなるニュー・アルバム『Sigh』(邦題『サイ~艶やか溜息~』)を日本大先行リリースで12月に発売する。

2012年にはデンマーク発のエレクトロニック・ソウル・デュオ=クワドロン(Quadron)をゲストに迎えた“Orchids For The Sun”をリリースしたほか、2010年作『Transatlantic RPM』でゲストした参加した縁のあるインコグニート(Incognito)の日本ツアーにスペシャル・ゲストとして参加、さらに同年末にはシャンテ・ムーア(Chante Moore)、アンプ・フィドラー(Amp Fiddler)を連れて再来日公演をしたことも記憶に新しいリオン・ウェア。最近も、カニエ・ウェスト(Kanye West)が監修したセオフィラス・ロンドン(Theophilus London)新作『Vibes』にキーパーソンとして参加しているほか、日本のネオ・ソウル~ジャズ系女性シンガー、Hanah Springの最新作『Handmade Soul』にドリーミンな「IN THE SUN」とセクシーな「CHILLS…」の2曲を提供するなど精力的に活動している彼が、Stax Recordsから2008年に発売した『Moon Ride』以来となるニュー・アルバム『Sigh』を完成させた。

その官能的でメロウなソウル・ミュージックの素晴らしさから、「メロウ大王」ともあだ名される74歳のリオン・ウェアだが、久々の新作でもその持ち味はもちろん変わらず。前作『Moon Ride』にも参加していたプロデューサーで、フライング・ロータス(Flying Lotus)やサンダーキャット(Thundercat)の最新作への参加でも知られる鍵盤奏者テイラー・グレイヴス(Taylor Graves)の助力も借りながら全曲を自身がプロデュースし、めくるめくメロウネスを展開している。また参加ミュージシャンには、サンダーキャットやその兄でジャズ・ドラマーとしても有名なロナルド・ブルーナー・ジュニア(Ronald Bruner, Jr.)を始め、ロブ・ベーコン(Rob Bacon)、フレディ・ワシントン(Freddie Washington)やカマシ・ワシントン(Kamasi Washington)といった錚々たる実力者たちが集結している。

リオン・ウェア待望の新作『Sigh』は12月3日発売。

1. Let Love In
2. Kool Sunday
3. Lady Floow
4. Darkest Night
5. Sign
6. Street Party
7. Surrender Now
8. Summer Is Her Name
9. Wishful Thinking