bmr

bmr>NEWS>ジョルジオ・モロダーが30年ぶり新作を来春に シーア、ブリトニー、カイリーら参加

NEWS

ジョルジオ・モロダーが30年ぶり新作を来春に シーア、ブリトニー、カイリーら参加

Giorgio Moroder - 74 Is The New 24

「ディスコの女王」ドナ・サマー(Donna Summer)の数々のヒットを手がけるなど、エレクトロニック・ディスコのパイオニアとして知られる大御所ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)が、30年以上ぶりとなるソロ新作を来春リリースすることが発表された。

昨年にはフランスの人気エレクトロ・デュオ、ダフト・パンク(Daft Punk)の最新作『Random Access Memories』に参加、2012年のドナ・サマーの逝去もあってふたたび巨匠ジョルジオ・モロダーの功績を見直す動きがある中、昨年には初来日も果たすなどDJとして精力的に活動するほか、コールドプレイ(Coldplay)、レディー・ガガ(Lady Gaga)&トニー・ベネット(Tony Bennett)らのリミックスの制作、ドナ・サマーを追悼したリミックス・アルバム『Love To Love You Donna』への参加、そしてこの夏にはAdult Swimとのコラボレーションで新曲“Giorgio’s Theme”を無料配信するなど、70代にして改めてその存在感を示している。

その勢いに乗って、ジョルジオ・モロダーが新曲“74 Is The New 24”を発表。74歳のジョルジオ・モロダーが、昨年のダフト・パンク作品にも連なるエレクトロニック・ディスコ・サウンドを聞かせ、「74歳は新たな24歳」と謳う現行ダンス・ミュージックだ。そして、これをタイトルとしたニュー・アルバム『74 Is The New 24』をRCA Recordsから来春リリースすると発表。この久々の新作には、シーア(Sia)、チャーリー・XCX(Charli XCX)、ミッキー・エコー(Mikky Ekko)、フォクシーズ(Foxes)、マシュー・コーマ(Matthew Koma)といった若手を中心に、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)、ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)ら多数のゲストが参加しているとのこと。

モロダーは、「ダンス・ミュージックはどこに住んでいるかなんて関係ない。君の友達が誰かなんてこともどうだっていいし、君がいくら稼いでいるかなんてことも関係ない。そして君が74歳だろうが24歳だろうが、関係ないんだ。だって……74歳は新たな24歳だからさ!」と綴っており、久々の新作リリースに向けて気合十分のようだ。