bmr

bmr>NEWS>ティヤーナ・テイラー、デビュー作がR&B/Hip-Hopチャートで初登場1位に アジーリアは3位

NEWS

ティヤーナ・テイラー、デビュー作がR&B/Hip-Hopチャートで初登場1位に アジーリアは3位

Teyana Taylor - VII (standard)

カニエ・ウェスト(Kanye West)のG.O.O.D. Musicと契約している女性R&Bシンガー/女優のティヤーナ・テイラー(Teyana Taylor)が先日発売したデビュー・アルバム『VII』が、今週の米Billboard R&B/Hip-Hop Albumsチャートで初登場1位を獲得した。

元々はファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)のレーベルと契約し、「私の名前でググってみて、私は有名人よ」という歌詞で話題を呼んだ“Google Me”で2008年に17歳でデビューを果たしたティヤーナ・テイラーが、紆余曲折を経て今年11月4日についにアルバム・デビュー。友人でもあるクリス・ブラウン(Chris Brown)らも参加するこのデビュー作『VII』が、発売一週目でおよそ1万6000枚を売り上げ、R&B/Hip-Hop Albumsチャートで初登場1位にランクインした。総合チャートでは初登場19位となり、シングル・ヒットの無い中で健闘したといえる結果だ。

R&B/Hip-Hop Albumsチャートに初登場3位でランクインしたのは、女性ラッパー、アジーリア・バンクス(Azealia Banks)のデビュー・アルバム『Broke With Expensive Taste』。こちらは米時間で今月6日、予告なしに突然発売されるというサプライズ・リリースで、現時点でデジタル配信のみ、また集計〆切が9日までという短い期間ながらおよそ1万1000枚を売り上げた。2位は、発売3週目となる人気ラッパーのT.I.最新作『Paperwork』に譲る形となっており、Rap AlbumsチャートではT.I.に1位を譲る形で初登場2位となっている。

アルバム総合チャートは、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の最新作『1989』が初週およそ128万7000枚とミリオン超えの先週に続いて今週もおよそ40万2000枚を売り上げるという破格の強さを見せつけ、2週連続で1位を獲得。3週目の1位も手堅いと見られている。テイラー・スウィフトはシングル総合でもリード・シングル“Shake It Off”が4週目の1位を手にし、セカンド・シングル“Blank Page”も現在13位まで上昇中と圧倒的な強さだ。

シングル総合チャートではジェシー・J(Jessie J)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)との“Bang Bang”が今週も5位をキープしているアリアナ・グランデ(Ariana Grande)が、最新シングル“Love Me Harder”でトップ10に同時に2曲をランクインさせた。ザ・ウィークエンド(The Weeknd)とのデュエットとなる“Love Me Harder”は、ミュージックビデオ公開の効果で先週24位から今週7位にジャンプアップしている。これでアリアナは、“Problem”、“Break Free”とあわせて今年トップ10ヒットを4曲送りだしたことになり、“Problem”に参加していたイギー・アゼリア(Iggy Azalea)の3曲を抜いて、今年のトップ10ヒット数単独トップとなっている。また“Love Me Harder”は、これまでトップ40入りした曲がなかったザ・ウィークエンドにとって初のトップ10ヒット・シングルとなった。

また、シングル総合チャートで先週8位から今週6位へとさらに上昇しているのは、20歳新進ラッパー、ボビー・シュマーダ(Bobby Shmurda)のバイラルヒット“Hot Nigga”(“Hot Boy”)で、R&B/Hip Hop Songsチャートではついに1位を獲得している。