bmr

bmr>NEWS>グレゴリー・ポーターが、ローラ・マヴーラやベン・ロンクル・ソウル参加のEPをリリース

NEWS

グレゴリー・ポーターが、ローラ・マヴーラやベン・ロンクル・ソウル参加のEPをリリース

Gregory Porter - More Liquid Spirit – Features + Remixes

Blue Note Recordsへの移籍第一弾となった昨年の『Liquid Spirit』でグラミー賞を獲得したことも話題の人気ジャズ・シンガー、グレゴリー・ポーター(Gregory Porter)が、ローラ・マヴーラ(Laura Mvula)らとの共演曲やリミックスなどの新バージョンを収録した5曲入りEP『More Liquid Spirit – Features + Remixes』を配信リリースした。

ナット・キング・コール、ダニー・ハサウェイ、マーヴィン・ゲイなどから影響を受けた豊かな歌声で知られるグレゴリー・ポーターは、2010年にニューヨークのインディ・レーベル Motema Musicからデビュー・アルバム『Water』を発表。同作が翌年、グラミーの最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム部門の候補に選出されたほか、2012年に発売した2作目『Be Good』も収録曲“Real Good Hands”が最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス部門にノミネートされるなど高い評価を得ている。そして、名門Blue Noteへ移籍し昨年発表された『Liquid Spirit』ではついにグラミー最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞を獲得した。

この『Liquid Spirit』の“拡張版”とも言えるEP『More Liquid Spirit – Features + Remixes』が今月新たに登場。今年9月に行われた〈iTunes Festival〉でも披露された、ローラ・マヴーラとの共演バージョンとなる“Water Under Bridges”や、フランスの人気ヒップホップ・グループ=ホーカス・ポーカス(Hocus Pocus)のビートメイカー/MCであるヴァンシール(20syl)による表題曲“Liquid Spirit”のリミックスといった『Liquid Spirit』収録曲の新バージョンに加えて、ビル・ウィザース(Bill Withers)の“Grandma’s Hands”を仏ソウル・シンガーのベン・ロンクル・ソウル(Ben L’Oncle Soul)と共演した音源や、ジェイミー・カラム(Jamie Cullum)最新作『Interlude』に収録されている“Don’t Let Me Be Misunderstood”カバーなど5曲を収録している。

このEPは今月10日に米iTunesなどで配信がスタートしており、残念ながら現時点では日本での取り扱いはないようだが、これらの曲を追加した『Liquid Spirit』のデラックス・バージョンが日本のiTunesでも購入できる。このデラックス・バージョンは追加曲数が異なる2種類が配信されているが、いずれもローラとの“Water Under Bridges”、ベン・ロンクル・ソウルとの“Grandma’s Hands”、ジェイミー・カラムとの“Don’t Let Me Be Misunderstood”が収録されているほか、“Grandma’s Hands”や“Someday We’ll All Be Free”など5曲のライブ映像が収録されているようだ。

なお今年9月には、テナー・サックス奏者デヴィッド・マレイ(David Murray)の『Be My Monster Love』への参加曲や、ソウル・ジャズ・バンドのZbonicsの『Time To Do Your Thing』への参加曲などを中心にコンパイルした『Issues Of Life : Features & Remixes』も発売されている。

1. Water Under Bridges (feat. Laura Mvula)
2. Grandma’s Hands (feat. Ben L’Oncle Soul)
3. Don’t Let Me Be Misunderstood / Jamie Cullum feat. Gregory Porter
4. Liquid Spirit (20Syl Remix)
5. Musical Genocide (Ludovic Navarre aka St Germain Version)