bmr

bmr>NEWS>アレサ・フランクリン、新作がおよそ30年ぶりのヒットに

NEWS

アレサ・フランクリン、新作がおよそ30年ぶりのヒットに

Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics

“クイーン・オブ・ソウル” アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)が10月におよそ3年半ぶりに発売したニュー・アルバム『Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics』が、全米チャートでトップ20入り、R&B/Hip-Hop Albumsチャートではトップ3にランクインし、1985年発売の『Who’s Zoomin’ Who』以来となる好結果となった。

「素晴らしいディーバたちの代表曲を、あの素晴らしい国宝級の歌声でカバーする」というコンセプトのもと、アデル(Adele)“Rolling In The Deep”、アリシア・キーズ(Alicia Keys)の“No One”などから、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)版も有名なチャカ・カーン(Chaka Khan)“I’m Every Woman”、グラディス・ナイト(Gladys Knight)の“Midnight Train To Georgia”などを披露するカバー集となった新作『Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics』。久々に音楽業界の大御所クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)とタッグを組んだこの新作は、発売一週目でおよそ2万3000枚を売り上げ、最新の全米チャート総合で初登場13位にランクイン。また、R&B/Hip-Hop Albumsチャートでは初登場3位を記録した。これは、ここ30年ほどでもっとも成績のよかった1998年の『A Rose Is Still A Rose』での総合30位/R&B/Hip-Hop Albums 7位を超えるもので、総合13位/R&B/Hip-Hop Albums 3位となった1985年発売の『Who’s Zoomin’ Who』ぶりの好成績となる。セールス面においても、2003年作『So Damn Happy』の3週目のセールス(およそ2万7000枚)以来となるヒットとのこと。

R&B/Hip-Hop Albumsチャートで初登場1位を獲得したのは、人気ラッパー T.I.の新作『Paperwork』。初週およそ8万枚を売り上げた『Paperwork』は、総合でも初登場2位を記録しており、セールスこそ下がっているもののランキング結果では前作『Trouble Man: Heavy Is the Head』と並んだ。また、T.I.に次いでR&B/Hip-Hop Albumsチャート初登場2位となったのは、24歳の新進ラッパー、ロジック(Logic)のメジャー・デビュー作『Under Pressure』(→ 全曲フル試聴)。米ヒップホップ専門誌XXLが毎年選出する期待の新人企画「XXL Freshmen」に昨年選出されたことも話題となった彼のデビュー作は、1週間でおよそ7万3000枚を売り上げ、総合でも初登場4位を獲得。新人がT.I.に迫る勢いを見せた形だが、ロジックの『Under Pressure』のセールスについては、google playで3.99ドル(およそ452円)のディスカウントを展開したことが大きかったようだ。