bmr

bmr>NEWS>ジョデシィ、注目の18年ぶり新曲“Nobody Wins”をまもなくリリースか

NEWS

ジョデシィ、注目の18年ぶり新曲“Nobody Wins”をまもなくリリースか

Jodeci

90年代に活躍し、男性コーラス・グループのひとつの定型として現在も大きな影響を与えているR&Bグループ、ジョデシィ(Jodeci)が久々に表舞台に戻ってくることが大きな話題となっているが、〈Soul Train Awards〉でもお披露目されるという注目の新曲“Nobody Wins”もまもなくリリースされるという。

1995年発売の3作目『The Show – The After-Party – The Hotel』以来、グループとしてのリリースは途絶えているジョデシィは、たびたび再結成が報じられ、新作リリースの話も何度も持ち上がるも、これまで具体的な活動はほとんどなかったが、今年11月に開催される音楽賞〈Soul Train Awards〉への出演が決定。ヒットメドレーのパフォーマンスを行う予定で、メドレーの最後に新曲“Nobody Wins”が少しだけお披露目されると発表され、久々の新曲発表という点でも注目が集まっている。

〈Soul Train Awards〉は、米で11月30日にTV放送され、その収録が11月7日にラスベガスで行われるが、米Yahoo Musicの独占取材によれば、「イベントの前に」 “Nobody Wins”をシングル・リリースする予定なのだとか。この新曲は、以前にミスター・ダルヴィン(“Mr.” Dalvin DeGrate)が明かしていたようにアトランタの人気ラッパー、B.o.Bがゲスト参加しており、リーダーのデヴァンテ・スウィング(Donald “DeVante Swing” DeGrate)がプロデュースしており、Yahooによれば、ジョデシィのスタイルに則ったソウルフルな曲で、より成熟した彼らが味わえるバラードに仕上がっているという。「Nobody wins when we fight, fuss, and argue」(言い争いの中では誰にも勝利はない)と歌うラインもあり、ドメスティックバイオレンスを止めるよう訴える曲でもあるとか。

そして、世界的プロデューサー、ティンバランド(Timbaland)も参加している待望のニュー・アルバムについてはまだ発売日が決まっていないとのことだが、ジョデシィはすでに昨年12月、MCハマー(Kirk “MC Hammer” Burrell)の兄弟で、ハマーの1992年のツアーにジョデシィやTLCらも参加させたビジネス・マネージャーでもあるルイス・バレル(Louis Burrell)のSphinx Music Entertainmentと契約しているとのこと。ダルヴィンは別のインタビューでも、「正しいタイミングが訪れるまで待っていたんだよ。そして今がその時だ。だから俺たちはこれから高速車線に飛び乗ってシングル、そしてアルバムのリリースへと向かっていくぜ」と宣言しており、期待は高まるばかりだ。