bmr

bmr>NEWS>キラー・マイク&エル・P、音源流出を受けてラン・ザ・ジュエルズ新作を前倒し発表

NEWS

キラー・マイク&エル・P、音源流出を受けてラン・ザ・ジュエルズ新作を前倒し発表

Run The Jewels 2

昨年リリースした『Run The Jewels』が、さまざまなメディアの2013年ベスト・アルバム・ランキングに入るなど高く評価された、キラー・マイク(Killer Mike)とエル・P(El-P)から成るデュオ=ラン・ザ・ジュエルズ(Run The Jewels)が、新作を発売日より前に無料公開した。

アトランタの強面シリアス・ラッパー、キラー・マイクと、ニューヨークのラッパー/プロデューサーのエル・Pから成るデュオ=ラン・ザ・ジュエルズ。2012年にリリースされたキラー・マイクのアルバム『R.A.P. Music』をエル・Pが全面プロデュースし、TIME誌の年間ベスト・アルバム10位になるなど高く評価されたこともあって、『R.A.P. Music』の続編を作るにあたってデュオとして改めて結成されたのがラン・ザ・ジュエルズだ。LLクールJ(LL Cool J)の1990年のヒット作『Mama Said Knock You Out』に収録された“Cheesy Rat Blues”のリリックにある「run the jewels」に由来するグループ名を持つこのデュオは、2013年6月にアルバム『Run The Jewels』を発表。無料でダウンロードできる形で発表されたが、ボーナストラック付きのデラックス・エディションも発売された。

『R.A.P. Music』に続いて『Run The Jewels』も高く評価された彼らは、ナズ(Nas)率いるMass Appeal Recordsとの契約を今年8月に発表し、新作『Run The Jewels 2』を10月27日に発売するとアナウンス。しかし、発売前に音源がリークされ、インターネット上に公開されたことを受けて、「これ以上待てない」と彼らが公式サイトで無料配信をスタートさせた。元々、前回同様に無料ダウンロードでの配信も予定されていたが、キラー・マイクはTwitterで『Run The Jewels 2』を公式に発表した報告と共に音源流出へのいら立ちを綴っている。

意図せず前倒しリリースとなった『Run The Jewels 2』だが、アルバムには、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against The Machine)のボーカルとして知られるザック・デ・ラ・ロッチャ(Zack De La Rocha)や、プロデューサー/ドラマーのトラヴィス・バーカー(Travis Barker)、女性ラッパーのギャングスタ・ブー(Gangsta Boo)、ビヨンセ(Beyonce)最新作『Beyonce』への参加で注目を集めたシンガー・ソングライター/プロデューサーのブーツ(BOOTS)らがゲスト参加。無料配信版は全11曲だが、商業リリース版には“Blockbuster Night, Pt. 2”がボーナス収録される。

1. Jeopardy
2. Oh My Darling Don’t Cry
3. Blockbuster Night, Pt. 1
4. Close Your Eyes (And Count to F**k) [feat. Zack De La Rocha]
5. All My Life
6. Lie, Cheat, Steal
7. Early (feat. Boots)
8. All Due Respect (feat. Travis Barker)
9. Love Again (Akinyele Back) [feat. Gangsta Boo]
10. Crown (feat. Diane Coffee)
11. Angel Duster
12. Blockbuster Night, Pt. 2 (feat. Despot & Wiki) [Bonus Track]