bmr

bmr>NEWS>話題沸騰中のEDM新人シンガー・デュオがアジア・ツアーを開催

NEWS

話題沸騰中のEDM新人シンガー・デュオがアジア・ツアーを開催

Future Boyz

8月には〈a-nation island〉、9月には〈VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2014〉でライブ・パフォーマンスを披露し、デイヴ・オーデ(Dave Audé)らプロデュースのEDMサウンドで世界デビューも果たすなど話題沸騰中の日本の新進シンガー・デュオ=FUTURE BOYZが、アジア・ツアーを開催することが発表された。

FUTURE BOYZは、沖縄生まれの沖縄育ちとなるiamSHUM(シュン)、アメリカ生まれの沖縄育ちとなるthisisWAYNE(ウェイン)のふたりから成るシンガー・デュオ。EDMサウンドをベースに、メロウな歌ものからパーティ・ラップまで全曲英語詞という、世界を見据えた活動を展開している。ファッション面でも、FAKE TOKYOのプロデュースセクション「FAKE SHOWROOM」がプロデュースを担当しており、先日の〈FASHION’S NIGHT OUT 2014〉でアップルストア表参道にてインストア・ライブを敢行している。9月24日には世界デビュー・ミニアルバムとなる『TOKYO STYLE』をリリース。ヨーコ・オノ(Yoko Ono)とのコラボ曲“Hold Me”のクラブ・ヒットのほか、ビヨンセ(Beyonce)、リアーナ(Rihanna)、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)など数々のトップスターのリミックス・ワークスで知られるデイヴ・オーデが手がけた表題曲「TOKYO STYLE」をはじめ、安室奈美恵「Heaven」などで知られるトミー・クリント(Tommy Clint)のプロデュースによる「Welcomt To The Party」や、平井堅と安室奈美恵の「グロテスク」などのマシュー・ティシュラー(Matthew Tishler)らが手がけた「If There Was No You」など、国内外のクリエイターが参加した5曲を収録している。

そのFUTURE BOYZが、『TOKYO STYLE』を引っさげてアジア・ツアーを開催。世界クラブ・ランキング9位に輝くなどアジアEDMシーンの発信基地ともされる韓国のOCTAGONなどアジア5ヵ国を廻る。また日本国内も10月4日(土)の大分Club FREEDOM、5日(日)の福岡 久留米百年公園などを皮切りにツアーをスタートさせており、15ヵ所でのライブを行う予定とのこと。話題の新人の生パフォーマンスを観られるチャンスだ。

10月10日(金)東京 渋谷WOMB「EDM MUSIC FESTIVAL feat. FUTURE BOYZ ~TOKYO STYLE~ Produced by WONDER&CLOCKS//ワンクロ」
10月17日(金)台湾 台北LUXY
10月18日(土)台湾 台中SPIN
10月25日(土)宮城 仙台RENSA
10月26日(日)新潟
10月31日(金)福島 郡山
11月8日(土)愛知 X-HALL
11月14日(金)韓国 OCTAGON
11月28日(金)/29日(土)北海道 札幌
12月6日(土)福岡
他、海外・日本国内を含む、約20カ所予定。
詳細、更新情報はHPをご確認下さい。