bmr

bmr>NEWS>アレサ・フランクリン、3年半ぶり新作は10月発売に決定

NEWS

アレサ・フランクリン、3年半ぶり新作は10月発売に決定

Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics

今年3月に72歳の誕生日を迎えた“クイーン・オブ・ソウル” アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のおよそ3年半ぶりとなるニュー・アルバム『Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics』が10月に発売になることが発表された。

アレサ・フランクリンは、2012年の70歳の誕生日パーティで、かつて組んでいたこともある音楽業界の大御所クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)と新たに契約し、新作の制作に入っていることを発表。昨年アレサが体調を崩したこともあってレコーディングにやや遅れが生じたものの、この新作がついに完成し、10月に発売されることが正式に決定した。クライヴ・デイヴィスが「素晴らしいディーバたちの代表曲を、あの素晴らしい国宝級の歌声でカバーする」と以前にコンセプトを明かしていたように、新作『Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics』はカバー・アルバムとなる。

クライヴ・デイヴィスがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるこの新作には、ベイビーフェイス(Babyface)、アウトキャストのアンドレ3000(Andre 3000)らに加え、シカゴ・ハウスの大御所テリー・ハンター(Terry Hunter)、アンダードッグズのハーヴィ・メイソン・ジュニア(Harvey Mason, Jr. of the Underdogs)、エリック・カッパー(Eric Kupper)らがプロデューサーとして参加する。リード・シングルとして、終盤で“Ain’t No Mountain High Enough”も飛び出すアデル(Adele)“Rolling In The Deep”のカバーが発表されている。

アルバムには他にアリシア・キーズ(Alicia Keys)の“No One”、ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)版も有名なチャカ・カーン(Chaka Khan)“I’m Every Woman”、エタ・ジェイムス(Etta James)の“At Last”、プリンス(Prince)作のシニード・オコナー(Sinead O’Connor)“Nothing Compares 2 U”、ダイナ・ワシントン(Dinah Washington)“Teach Me Tonight”、グラディス・ナイト(Gladys Knight)の“Midnight Train To Georgia”、スプリームス(The Supremes)の“You Keep Me Hangin’”などが取り上げられる。グロリア・ゲイナー(Gloria Gaynor)の“I Will Survive”のカバーではデスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child)“Survivor”も歌われているとか。

『Aretha Franklin Sings the Great Diva Classics』は10月21日発売予定。米Billboard誌は先日、来年のグラミー賞の候補になるためのデッドラインに間に合わせるため9月30日にデジタル先行リリースされるという情報をクライヴ・デイヴィスの代理人から確認が取れたものとして報じていたが、実現はしなかったようだ。

1. At Last
2. Rolling In The Deep
3. Midnight Train To Georgia
4. I Will Survive
5. People
6. No One
7. I’m Every Woman / Respect
8. Teach Me Tonight
9. You Keep Me Hangin’ On
10. Nothing Compares 2 U