bmr

bmr>NEWS>ゴアペレ3年ぶりの新作にスヌープ・ドッグ、エリック・ベネイ、エステルら参加

NEWS

ゴアペレ3年ぶりの新作にスヌープ・ドッグ、エリック・ベネイ、エステルら参加

Goapele - Strong As Glass

大きな反響を呼んだ2001年のデビュー曲“Closer”などで知られ、かのRolling Stone誌から“シャーデーとディアンジェロのスピリチュアルな私生児”とも評された女性R&Bシンガーのゴアペレ(Goapele)が、3年ぶりのニュー・アルバム『Strong As Glass』を10月にリリースする。

オークランド出身のゴアペレは、2001年に自主リリースしたデビュー作『Closer』の表題曲“Closer”が話題となり、映画『ダンス・レボリューション』(原題『Honey』)のサウンドトラックに楽曲が採用されたほか、後にドレイク(Drake)にもサンプリングされるなど人気の女性シンガー。デビュー作や2005年に発売した2作目『Change It All』では、後にカニエ・ウェスト(Kanye West)の右腕となるジェフ・バスカー(Jeff Bhasker)を早々に起用していたことでも知られる。2011年にはおよそ6年ぶりとなった3作目『Break Of Dawn』を発表、官能性をエッジーなサウンドで表現した内容には高い評価が集まり、翌年にはデラックス・エディションも発売されている。

2012年には、故ホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)の遺作となった映画『スパークル』のサウンドトラックに楽曲を提供したほか、カメオ出演も果たすなど業界内人気も高い彼女は、今年に入ってベテランR&B/ソウル・シンガーのエリック・ベネイ(Eric Benét)のレーベル Jordan Houseと契約。エリック・ベネイからは、「アートなヴァイブと、折衷的なソウルの素晴らしい組み合わせ。彼女はクリエイティブにおいて、自分がどうしたいかをよく理解している。彼女をアーティストとして尊敬している」と賛辞も送られたが、いよいよ新作をリリースする。

アルバムからは、6月にイギリスの人気女性シンガー/ラッパー、エステル(Estelle)がソングライティングで参加し、そのエステルのグラミー授賞ヒット“American Boy”を手がけたことでも知られ、ウィル・アイ・アム(will.i.am)の右腕的存在でもあるキース・ハリス(Keith Harris)がプロデュースしたリード・シングル“Hey Boy”をリリース。これまでの彼女にはなかったディスコ/ブギー調に挑戦した曲はR&Bファンの間などで大きな話題を呼んだが、アルバムにはさらに、西海岸のベテラン人気ラッパー、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が参加したバージョンが収録されるようで、音源が公開されている。この“Hey Boy”のように、今回はまたこれまでの彼女のイメージを一新させるようなサウンドに挑戦したようで、「私はアルバムごとに新たなレベルに挑戦しているの。今回はどの曲も“強い”曲にしたかったし、ビッグなサウンドにしたいと思ったわ。“無理のない範囲”に留まるじゃなくて、未知の領域へ挑戦させてくれるプロデューサーやソングライターと制作したの。それからライブのように歌い上げたわ」と、新作への意気込みを語っている。

アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーには、“Hey Boy”を手がけたキース・ハリスが就任し、全体を見ているほか、エリック・ベネイも盟友デモンテ・ポージー(Demonte Posey)と共に制作に参加。またエリック・ベネイとは、“My Love”でデュエットも披露する。ゴアペレのニュー・アルバム『Strong As Glass』は、アメリカで10月21日発売予定。なお、ゴアペレと同時にJordan Houseとの契約が発表されたソウル・シンガーのカルヴァン・リチャードソン(Calvin Richardson)は、ひと足先に新作『I Am Calvin』を9月30日に発売する。

1. Strong As Glass
2. Hey Boy (feat. Snoop Dogg)
3. Insanity
4. Perfect
5. What In The World
6. My Love (feat. Eric Benet)
7. Powerful
8. Some Call It Love
9. Last Days
10. Truth Is