bmr

bmr>NEWS>トニ・ブラクストンの妹、トレイシー・ブラクストンがソロ・デビュー作を10月に

NEWS

トニ・ブラクストンの妹、トレイシー・ブラクストンがソロ・デビュー作を10月に

Traci Braxton - Crash & Burn

これまで6度グラミー賞に輝いたベテラン女性R&Bシンガー、トニ・ブラクストン(Toni Braxton)の妹として知られるトレイシー・ブラクストン(Traci Braxton)が、初のソロ・アルバム『Crash & Burn』を10月にリリースする。

長女トニを筆頭に、次女トレイシー、三女トワンダ(Towanda Braxton)、四女トリーナ(Trina Braxton)、そして末の妹テイマー(Tamar Braxton)のブラクストン姉妹は、元々5人でブラクストンズ(The Braxtons)として活動。1990年には“Good Life”をリリースしたが、その後トニがソロ契約したためブラクストンズは一時活動を停止。トニの活躍の中、妹たちはバックコーラスを務めたり、ミュージックビデオにカメオ出演するなどしていたが、残る4人で活動を再開させ、ブラクストンズとしてAtlantic Recordsとの契約を獲得。トレイシーは妊娠のために途中でグループを脱退し、トワンダ、トリーナ、テイマーの3人で1996年にデビュー・アルバム『So Many Ways』をリリースした。その後、2000年にはトニに続いてテイマーがソロ・デビューするも商業的に失敗。トニの妹たちは、トニのバックコーラスなどで姿を見せることもあったが、表舞台に出てくることはなくなった。

しかし、2011年にスタートしたブラクストン姉妹のリアリティ番組『Braxton Family Values』が人気を博し、その中で特に「ディーバ」っぷりが話題を呼んだテイマー・ブラクストンが、レディー・ガガ(Lady Gaga)を発掘するなど音楽業界の実力者としても知られる夫ヴィンセント・ハーバート(Vincent Herbert)の力を借りて再デビュー。昨年、13年ぶりの新作『Love & War』をヒットさせた。また、一時引退を予告していたトニも、名プロデューサーのベイビーフェイス(Kenneth “Babyface” Edmonds)との黄金タッグで復活、今年デュエット作『Love, Marriage & Divorce』を発表し、久々のヒットとなっている。

リアル夫婦が「仲直りか、離婚か」を最後に決断するリアリティ番組『Marriage Boot Camp: Reality Stars』にも今年出演した次女トレイシーは、この勢いを受けて本格的に音楽活動を再開。Entertainment One Music (eOne Music)と契約し、今年7月には姉トニを思わせる哀感ただようバラード“Last Call”を発表したが、ついにデビュー・アルバム『Crash & Burn』をリリースする。発表されたトラックリストによると、アルバムの唯一のゲストとして、人気R&Bシンガーのラヒーム・デヴォーン(Raheem DeVaughn)が参加。R&Bファンにはたまらないデュエットを披露してくれそうだ。プロデューサー陣の詳細や、ほかの姉妹たちが関与しているかどうかなどはまだ不明だが、“Last Call”のミュージック・ビデオにはトニ、テイマーら姉妹たちがカメオ出演している。

トレイシーが「ようやく私自身の歌のキャリアをスタートできて本当にうれしい。ずっとやりたかったことだったもの」と語るこのデビュー・アルバム『Crash & Burn』はアメリカで10月7日発売予定。

1. Holding On
2. What About Love?
3. Stay Sippin’ feat. Raheem DeVaughn
4. Last Call
5. DWLY
6. Goodbye
7. Perfect Time
8. Need It In My Life
9. Passion
10. Reasons
11. Crash & Burn