bmr

bmr>NEWS>ファレルやドレイクら参加のアッシャー新作、発売時期は「未定」に

NEWS

ファレルやドレイクら参加のアッシャー新作、発売時期は「未定」に

Usher

年内にニュー・アルバムをリリース予定とし、“Good Kisser”、“She Came To Give It To You”などのシングルを発表している人気R&Bシンガーのアッシャー(Usher)だが、発売のスケジュールが白紙に戻ったという。

これはアッシャーが米Billboard誌の取材に応じて答えたもの。5月に第一弾シングルとなる“Good Kisser”、7月にはファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)がプロデュースし、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)が参加した“She Came To Give It To You”をリリース。先月末にはマイク・ウィル・メイド・イット(Mike WiLL Made-It)が手がけた“Believe Me”が発表され、TV番組やアウォードなどに出演してライブを披露、また11月1日からは〈UR Experience〉と題したツアーを北米でスタートさせる。こうした中で新作『UR』の年内発売への期待が高まっているが、発売日は「未定」となったようだ。アッシャーはインタビューの中で、「新作の発売スケジュールはもうなくなったんだ。一度撤回するんだよ。また時間をかけて制作しようと思う」と述べ、レコーディングを継続し、当初の年内発売を変更したことを明かしている。

楽しんで制作しているというニュー・アルバム『UR』には、アッシャーと数々のヒットを手がけたジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)や、前作のリード・シングル“Climax”などを手がけたディプロ(Diplo)らが参加しているほか、また以前に存在が明らかになっていたエド・シーラン(Ed Sheeran)とスクリレックス(Skrillex)とのコラボ曲なども収録予定。またアッシャーは、クリス・ブラウン(Chris Brown)がまもなくリリースする新作『X』収録の“New Flame”にゲスト参加しているが、「一緒にやった曲がもう1曲あるんだ。俺たちの関係はグレイトだよ」と述べ、クリスとの曲が収録される可能性を示唆している。またアッシャーは、この新作にドレイク(Drake)がゲスト参加していることも最近認める発言をしており、「最初に聴いてもらったときから彼は(参加曲を)気に入ってくれてたよ」と話している。

アッシャーは、プロボクサーのシュガー・レイ・レナードを描く伝記映画『Hands Of Stone』で主役を務めており、撮影が昨年12月からスタートしたほか、人気TVオーディション番組『The Voice』では昨年3月から6月まで放送された第4シーズン、今年2月から5月まで放送された第6シーズンでレギュラーを務めるなど多忙だったため、新作のレコーディングは度々ストップされたという。今年8月30日にはデビュー20周年を迎えたアッシャーだが、2年ぶりとなる新作の完成が待たれるところだ。

>> アッシャーが“She Came To Give It To You”、“Good Kisser”など5曲を披露するライブ映像