bmr

bmr>NEWS>ビヨンセ&ケリーにファンテイジアら参加 ミシェル・ウィリアムズ新作がまもなく

NEWS

ビヨンセ&ケリーにファンテイジアら参加 ミシェル・ウィリアムズ新作がまもなく

Michelle Williams - Journey To Freedom

元デスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child)として知られる女性シンガーのミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)が、契約発表から2年、いよいよ移籍して初の作品となるニュー・アルバム『Journey To Freedom』をリリースする。

2008年発表の前作『Unexpected』ではタイトルどおり、ダンス・ミュージックやエレクトロ・ポップへの「予期せぬ」転身で驚かせたミシェルだが、2012年にゴスペルの名門レーベル Light Recordsとの契約を発表。eOne Musicの配給で、久々にゴスペルに回帰した新作をリリースするとアナウンスしていた。途中、ビヨンセ(Beyonce)が務めたNFLスーパーボウルにおけるデスティニーズ・チャイルド再結成パフォーマンスや、ラブソング集『Love Songs』でのデスチャ新曲“Nuclear”の発表、またケリー・ローランド(Kelly Rowland)新作での再集結なども挿み、今年6月には同様にビヨンセ、ケリーが参加した最新シングル“Say Yes”が話題になったが、発売が遅れていたニュー・アルバムが、ついに2週間後に発売となる。

およそ6年ぶりとなったこの新作『Journey To Freedom』は、ビヨンセ、ミシェルが参加したケリー・ローランド“You Changed”や、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)のヒット・シングル“The Way”なども手がけたハーモニー・サミュエルズ(Harmony Samuels)が全面的にプロデュース。ハーモニーのルーツであるナイジェリアでポピュラーなゴスペル曲“When Jesus Says Yes”をリメイクした最新シングル“Say Yes”を始め、先行してリリースされていた“If We Had Your Eyes”、“Fire”といったシングルもハーモニーの手によるもの。“If We Had Your Eyes”は、同じく最新作をハーモニーが全面的にプロデュースしていたファンテイジア(Fantasia)とのデュエット・バージョンが収録される。

また、ゴスペル作というだけあって、ラッパーとして初めてグラミー最優秀ゴスペル・アルバム賞を手にしたレクレー(Lecrae)や、グラミー候補にもなった実力派ゴスペル・ミュージシャンのタイ・トリベット(Tye Tribbett)、エリック・ドーキンズ(Eric Dawkins)といった面々も参加している。ミシェル・ウィリアムズの『Journey To Freedom』は9月9日発売。

1. Need Your Help feat. Eric Dawkins
2. Yes
3. Everything
4. Fall feat. Lecrae & Tye Tribbett
5. Fire
6. Free
7. Just Like You feat. Chief Wakil
8. Beautiful
9. Believe In Me
10. In The Morning
11. If We Had Your Eyes feat. Fantasia
12. Say Yes feat. Beyoncé & Kelly Rowland