bmr

bmr>NEWS>ジャネット・ジャクソン新作は「完全に予想を超えたもの」を目指す

NEWS

ジャネット・ジャクソン新作は「完全に予想を超えたもの」を目指す

Janet Jackson recording in Turkey

2012年中に大富豪ウィサム・アル・マナと極秘結婚していたことを昨年2月に明かしたジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)だが、音楽活動再開への準備は着実に進められているようだ。待たれる新作に携わっているというエンジニアが、インタビューの中でジャネットの新作についてコメントした。

昨年5月にターニング・ポイントのひとつとなった名盤『janet.』発売から20周年を迎えたジャネットは、これを記念する米Billboard誌からの独占取材に応じてニュー・アルバムを制作中であることを明かしていたが、新作リリースの準備は整いつつあるようだ。これは、ジャネットが2008年にIsland Def Jam Recordsから発表した現時点で最新のオリジナル・スタジオ・アルバム『Discipline』や、彼女のワールド・ツアーに参加していたエンジニア、イアン・クロス(Ian Cross)がインタビューで明かしたもの。ジャネットの新作について訊かれた彼は、「ニュー・アルバムは素晴らしいものになると思うよ。まだ途中で、色々とやることが残ってる。詳しいことは話せないけど、ジャネットのファンはとても喜んでくれる出来だと思うし、ファンほどにジャネットを知らない人でも喜んでくれると思う。音楽の新しいパラダイム、今の音楽におけるリアルな人たちがテクノロジーと音楽をいい具合にブレンドしてるんだ」と話している。

ジャネットは昨年5月の時点で「音楽的なコンセプトをどういうものにしようかってまず考えているところ」と話していたが、これについてイアン・クロスは「音楽だけじゃなくアルバムの方向性や、コンセプトは、かなりめまぐるしく変わっていってる。誰も見たことのないような、完全に予想を超えたものをやろうとしているんだ。このアルバムには、地球上で最高の人たちにも参加してもらってる」とも話している。ジャネットとイアン・クロスは、2012年9月にロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)のエンジニアであるトミー・パーカー(Tommy Parker)とトルコでレコーディングしている様子も伝えられており、“Feedback”や“Make Me”を手がけたロドニーとの再タッグが予想されるところ。またイアン・クロスは、マイア(Mya)の“Free”のセッションに関わったことをきっかけにジミー・ジャム&テリー・ルイス(Jimmy Jam & Terry Lewis)の下で働いていたこともあり、ジャネットの音楽パートナーとして数々の名作を世に放ったことで知られる大御所プロデューサー・デュオの参加も期待されるところ。

なお、2009年には古巣A&Mからベスト盤をリリースしたものの現在はレーベル契約のないジャネットは、以前に「あらゆるメジャー・レーベルから連絡が来て、契約について話したわ。でも私は見極める必要があるの、これが私の進むべき道なのか、それとももっとインディペンデントな方法をとるべきなのか。インディなら、自分がアルバムを作りたいときに自分で動くことができるでしょ。まだ決めたわけじゃないけど」と明かしていたが、英音楽サイトのThat Grape Juiceが関係者による話として紹介しているところによると、ジャネットの新作はメジャーからリリース予定だという。またジャネットはアトランタでもレコーディングしたとのことだが、以前に“Feedback”のリミックスに参加したシアラ(Ciara)の参加も噂されている。