bmr

bmr>NEWS>DJ HASEBEやグラミー候補米プロデューサーらが滴草由実をリミックス

NEWS

DJ HASEBEやグラミー候補米プロデューサーらが滴草由実をリミックス

滴草由実

昨年はデビュー10周年を迎え、5年ぶりの新作を発表し、今年6月には新曲も収録した2枚組のベスト・アルバムをリリースした鹿児島出身の女性シンガー、滴草由実。彼女の楽曲を、日本が誇るDJ HASEBEに加え、キーシャ・コール(Keyshia Cole)“Heaven Sent”のプロデュースなどでグラミー候補にもなったジェイソン“J-Vibe”ファーマー(Jason A. Farmer)らがリミックスした。

昨年はフル・アルバムとしては実に5年ぶりとなった新作『A woman’s heart』をリリースし、デビュー10周年を記念したベスト・アルバム『#10 story ~Best of Yumi Shizukusa~』を今年6月にリリースした滴草由実。彼女の楽曲が、日本、アメリカ、オランダのプロデューサーによって新たに生まれ変わった。日本のDJ HASEBEと、アメリカのジェイソン“J-Vibe”ファーマーがリミックスしたのは、『A woman’s heart』のリード・シングル「Dreaming」。タイトルどおりドリーミンなミッド・チューンを、DJ HASEBEはギターがグルーヴを刻むディスコ調のアッパーなリミックスに。グラミー賞候補になったキーシャ・コール“Heaven Sent”や、エステル(Estelle)“Come Over”などのプロデュースで知られるジェイソン“J-Vibe”ファーマーは、得意のレゲエ・リミックスを手がけており、いずれも夏に心地よい爽快なサウンドだ。また、オランダのJeftuzは、同じく『A woman’s heart』収録の「I don’t love you」をリミックス。激しくシンセが明滅する原曲とは異なって、ジェネイ・アイコ(Jhene Aiko)あたりを思わせる、気だるいアトモスフィックなR&Bサウンドに生まれ変わっている。DJ HASEBEによる「Dreaming」のリミックスは無料ダウンロードできるので早めにチェックしておきたいところだ。

また滴草由実は8月23日(土) に大阪のKnave、9月6日(土) に東京のTSUTAYA O-nestにてワンマン・ライブを開催。会場限定となる未発表音源CDの発売も予定されているとのことなので、こちらも注目だ。