bmr

bmr>NEWS>クリス・ブラウン、またも〈BET Awards〉のステージで復活なるか

NEWS

クリス・ブラウン、またも〈BET Awards〉のステージで復活なるか

Chris Brown

2009年に当時の恋人リアーナ(Rihanna)に起こしたDV事件や、昨年ワシントンD.C.で起こした一般男性への暴行事件などトラブルが続くR&Bスターのクリス・ブラウン(Chris Brown)だが、「ブラック・ミュージックのグラミー賞」とも言われる〈BET Awards〉のステージでパフォーマンスを披露するとの話が出ている。

アメリカに在住するアフリカ系アメリカ人を対象とした、主にR&Bやヒップホップの音楽番組が強いケーブル局ブラック・エンタテインメント・テレビジョン(Black Entertainment Television, BET)が主催する〈BET Awards〉。ロサンジェルスのノキアシアターを会場に、今年は現地時間で6月29日夜に開催され、すでにファレル(Pharrell Williams)、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)、ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)、リル・ウェイン(Lil Wayne)、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ドレイク(Drake)、T.I.、アッシャー(Usher)、ジョン・レジェンド(John Legend)、ロビン・シック(Robin Thicke)などの面々がパフォーマンスを披露する予定であることが発表されている。

そして、今月頭に自由の身となったクリス・ブラウンが今年も出演するのではと噂される中、正式には未発表ながら、クリスのプロデュースなども手がけるR&Bシンガーのタンク(Tank)がこの噂を認める発言をした。タンクは、米ヒップホップ・サイトのRap-Upの取材に応じ、「彼を〈BET Awards〉のステージでまた見られるよ。すごく楽しみだ。彼は新曲もやる予定で、みんなを圧倒するだろう」とコメントしている。クリス・ブラウンは、アッシャーとリック・ロス(Rick Ross)をゲストに迎えた新曲“New Flame”を〈BET Awards〉のタイミングに合わせてリリースする予定で、この新曲のパフォーマンスを行うものと思われる。

クリス・ブラウンは〈BET Awards〉の常連で、ほぼ毎年のように出演しており、2011年と2012年には「最優秀R&Bアーティスト賞」にも輝いている。だが、クリスにとって特別なのはそれだけではない。2009年のグラミー賞前夜に起こした、当時の恋人リアーナに対するDV事件で世間から多くの反発を買ったクリスはしばらく公の場から遠ざかることになったものの、2010年6月に開催された〈BET Awards〉のステージでサプライズ出演、彼のアイドルだった故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)へのトリビュート・パフォーマンスを行い、そのエモーショナルなパフォーマンスはスタンディング・オベイションを受けるほど高く評価され、クリスの復帰の第一歩となった。しかし、『F.A.M.E.』、『Fortune』の成功で復活を遂げ、昨年には新作『X』をリリースすると発表したものの、ワシントンD.C.での一般男性への暴行事件などトラブルが続き、また今年に入っても、怒りや暴力的な衝動などのコントロールを学ぶためにリハビリ施設入りを命じられるも規定違反を犯して追い出されて逮捕、禁錮刑に処されるなど、ふたたびゴシップ欄を騒がせているクリス・ブラウン。〈BET Awards〉でふたたび“復活”できるか、注目が集まるところだ。

なおタンクは、2年ぶりとなるソロ新作『Stronger』を8月12日にリリース予定だが、昨年ようやくアルバムをリリースし高い評価を集めた、タイリース(Tyrese)、ジニュワイン(Ginuwine)とのスーパー・グループ=TGTについても新作に動きだす予定で、「やらなくちゃな。みんな求めてるし、俺たちも必要としている。もう新作のための契約も終わってるんだ」とコメントしている。

Chris Brown’s Michael Jackson Tribute (at BET Awards 2010)