bmr

bmr>NEWS>アリアナ・グランデ、注目の新作は8月発売に決定

NEWS

アリアナ・グランデ、注目の新作は8月発売に決定

Ariana Grande - My Everything

最新シングル“Problem”が現在全米チャートで5週連続で2位を獲得するヒットとなっている21歳の新世代ポップ・プリンセス、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)のニュー・アルバムが8月に発売されることが正式に発表された。

26日に21歳の誕生日を迎えたばかりのアリアナ・グランデは、日本でも放送されている青春ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』のキャット役で人気を博し、そのキュートなルックスと、マライア・キャリー(Mariah Carey)を彷彿とさせる歌声で「ヤング・マライア」とも評される新世代スター。昨年9月に発売したデビュー・アルバム『Yours Truly』は発売1週間でおよそ13万8000枚を売り上げ、全米チャートで見事、初登場1位を獲得。今年の4月末にリリースされた最新シングル“Problem”はなんと初登場で全米チャート3位にランクインし、最新チャートでは5週目の連続2位となる大ヒット。“Problem”にゲスト参加している白人女性ラッパーのイギー・アゼリア(Iggy Azalea)は、“Fancy”が5週連続で1位を制しており、双方の勢いが重なった形だ。

以前から、2作目となる注目のニュー・アルバムについては8月か9月頃の発売が予定されていると明かされていたが、8月25日発売になることがついに発表。あわせて、アルバム・タイトルが『My Everything』になること、そしてモノトーンのやや物憂げなアリアナが写ったジャケット・アートワークも公開された。“Problem”が絶好調なアリアナ・グランデだが、“Clarity”のヒットなどで知られるエレクトロ系プロデューサー/DJのゼッド(Zedd)との新曲“Break Free”を早くも7月2日にリリース予定。過去にゼッドとのコラボレーションについては、「私がEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の曲をやるなんて夢にも思わなかったけど、目から鱗の体験だったわ。今はもうとにかくダンス・ミュージックをやりたいって感じ」と語り、「すばらしくて、超実験的」な曲になったと説明している。すでにミュージック・ビデオも撮影済で、60年代モッズ風を意識した“Problem”に続いて、今回は『バーバレラ』のジェーン・フォンダや、『スター・ウォーズ』といったSF映画からインスパイアされているとか。彼女はInstagramでビデオの一部を公開している。

新作『My Everything』には、“Problem”のサビで「One less problem without ya…」と囁いているビッグ・ショーン(Big Sean)が前作に続いて参加、“Best Mistake”という曲で再共演しているという。他にも4月に一部音源が公開された、クリス・ブラウン(Chris Brown)とのデュエット曲“Don’t Be Gone Too Long”が収録されるのではと考えられている。制作陣には、ロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)、ライアン・テダー(Ryan Tedder)、キー・ウェイン(Key Wane)らに加え、前作を支えたハーモニー・サミュエルズ(Harmony Samuels)、ラスカルズ(The Rascals)らも参加予定。