bmr

bmr>NEWS>マーシャ・アンブロージアス3年ぶり新作にドクター・ドレー、チャーリー・ウィルソンら参加

NEWS

マーシャ・アンブロージアス3年ぶり新作にドクター・ドレー、チャーリー・ウィルソンら参加

Marsha Ambrosius - Friends & Lovers

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の晩年の名曲“Butterfly”の作者として知られる女性R&Bシンガー/ソングライターのマーシャ・アンブロージアス(Marsha Ambrosius)が、ついに3年ぶりとなる新作『Friends & Lovers』を7月にリリースする。

女性デュオ=フロエトリー(Floetry)としての活躍や、マイケル・ジャクソンへの“Butterfly”の提供などを経て、2011年3月に『Late Nights & Early Mornings』でソロ・デビューを飾ったマーシャ・アンブロージアス。カニエ・ウェスト(Kanye West)やロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)などの楽曲への客演を重ねながら、“Fuck N Get It Over With”、ディプロ(Diplo)らが手がけた“Cold War”など新曲を発表し続けていたものの、以前から『Friends & Lovers』とタイトルが明かされていた新作は延期を重ねていた。しかし今年3月に無料EP『Fvck & Love』をリリースしたのに続き、先日、リード・シングルとなる“Run”のミュージック・ビデオも公開され、いよいよ『Friends & Lovers』のリリースに動くようだ。

マーシャが明かしたトラックリストによると、7月15日の発売が決まった新作『Friends & Lovers』には、なんとカリスマ・プロデューサーのドクター・ドレー(Dr. Dre)に大御所ソウル・シンガーのチャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)がゲスト参加。マーシャは一時期、ドレーのAftermath Entertainmentと契約していたことがあり、なかなかデビューさせてもらえない状況から2009年にAftermathを離れてようやくソロ・デビューできたという経緯があるが、つい最近のインタビューで「昨年末に数週間、一緒にハワイに行って、彼の今のプロダクション・チームと一緒に色々やったの。いずれ耳にすることになるわ」と、ドレーと久々にスタジオ入りしたことを明かしていたばかり。実際にそのコラボレーションとなる新曲“Stronger”も公開された。これは、以前にミュージック・ビデオで先行公開されていたシャーデー(Sade)“Love Is Stronger Than Pride”のリメイクで、ビデオ同様にジェルー・ザ・ダマジャ(Jeru The Damaja)の90sクラシック“Come Clean”をサンプリングしたものだが、新たにドレーのラップが加わっている。アルバムのゲストには他に、「踊る女性バイオリニスト」として話題になったリンジー・スターリング(Lindsey Stirling)らも参加している模様。制作陣には、ポップ&オーク(Pop & Oak)、ダ・インターンズ(Da Internz)、ジャスティス・リーグ(J.U.S.T.I.C.E. League)といったプロデューサーたちが参加しているとのこと。

なおマーシャは、今月23日に発売となるコンピレーション『BET Presents Music Matters Vol. 1』に、テーマ曲の“Music Matters Theme”に加え、新作のタイトル・トラックでもある“Friends & Lovers”も収録予定だが、この『Friends & Lovers』には後者もイントロの形でしか収録されないようだ。また、昨年にはニーヨ(Ne-Yo)とのデュエット曲“Withouot You”を発表していたものの、こちらも未収録となる模様。

1. Friends & Lovers Intro
2. So Good
3. Night Time
4. 69
5. Shoes
6. How Much More (Interlude)
7. Stronger feat. Dr. Dre
8. You & I
9. LaLaLaLaLa
10. Cupid (Shot Me Straight Through My Heart)
11. Kiss & F**k (Interlude)
12. Love
13. Run
14. Spend All My Time feat. Charlie Wilson
15. OMG I Miss You
16. Streets Of London feat. Skye & Lindsey Stirling [bonus track]