bmr

bmr>NEWS>フランク・オーシャン、ラナ・デル・レイらがブライアン・ウィルソン新作に参加か

NEWS

フランク・オーシャン、ラナ・デル・レイらがブライアン・ウィルソン新作に参加か

Frank Ocean and Lana Del Rey

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)のリーダーとして知られる伝説的なシンガー/プロデューサーのブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)が、3年ぶりとなるソロ新作について、フランク・オーシャン(Frank Ocean)やラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)といった若手シンガーらが参加すると報じられ、話題となっている。

これは米Rolling Stone誌が報じたもので、それによるとブライアン・ウィルソンのおよそ3年ぶりとなるニュー・アルバムには、今年グラミー賞を受賞した新進R&Bシンガーのフランク・オーシャンや、オールディーズのような雰囲気とアンニュイな歌声、ビジュアルで話題を呼ぶラナ・デル・レイ、また今年プリンス(Prince)とのデュエット曲“FallInLove2Nite”をリリースした女優のズーイー・デシャネル(Zooey Deschanel)、女性カントリー歌手のケイシー・マスグレイヴス(Kacey Musgraves)といった若手たちとのコラボレーションが企画されているという。フランク・オーシャンは“Special Love”という曲に参加する「可能性がある」と表現されているが、ラナ・デル・レイは“Last Song”という曲に、ズーイー・デシャネルは「宇宙時代のボサノバ」という“On The Island”に参加しているとされている。

この意外な組み合わせにブライアン・ウィルソンのファンからは否定的な感想が多く出た模様で、ブライアン・ウィルソンは自らのFacebookで反論。「私のファンへ。私が制作中のアルバムについてネガティブな意見で炎上しているようだが、私の音楽人生は、何度も何度もこういうことを言われてきた人生だ」、「私は新曲の出来に本当に誇りを持っているし、素晴らしいアーティストたちの歌には感銘を受けた」、「50年以上も音楽を作ってきたわけだし、私のファンなら、私が常に自分の思うままやっていくことを理解してくれることと思う。そして、それゆえにあなたたちは私のファンなのだと。だから、アルバムが発表されるまで待とうじゃないか」などと綴っている。この新作のリリース時期については正式な発表はないが、昨年10月の時点で彼は、新作について、「8~9曲出来上がっていて、あと3~4曲必要だ。大半はとてもメロウ。メロウなハーモニーで、あまりロックンロールじゃない。とてもユニークなアルバムだ。これまでの作品とはだいぶん違う」と説明していた。

なおラナ・デル・レイは、新作『Ultraviolence』を欧州で16日、アメリカで17日に発売予定で、米Billboard誌によるとアメリカでは一週間で17万枚以上を売り上げると推計されており、来週発表の全米チャート初登場1位が期待されている。