bmr

bmr>NEWS>注目の女性ソウル・シンガー、エイヴリー・サンシャインが4年ぶり新作をリリース

NEWS

注目の女性ソウル・シンガー、エイヴリー・サンシャインが4年ぶり新作をリリース

Avery*Sunshine - The Sunroom (Japan)

チャカ・カーン(Chaka Khan)、ジェニファー・ホリデイ(Jennifer Holliday)、ロイ・エアーズ(Roy Ayers)らからその才能が認められたアトランタの実力派女性ソウル・シンガー/ソングライター/ピアニストのエイヴリー・サンシャイン(Avery*Sunshine)が、4年ぶりとなるニュー・アルバム『The Sunroom』をリリースした。

元々はペンシルバニア州チェスター出身の彼女は、地元の教会で歌とピアノを学び、高校を卒業後、アトランタのスペルマン大学に進学。ビヨンセ(Beyonce)主演の映画『 ザ・ファイティング・テンプテーションズ』のサウンドトラックでバックコーラスを務めるなど裏方ながら音楽活動を続け、タイラー・ペリー(Tyler Perry)の舞台でリード・キーボーディストを勤めたり、ジェニファー・ホリデイにその才能を認められて舞台『ドリームガールズ』でコーラス・ディレクターに抜擢されるなど次第に彼女の名前が知れ渡るようになり、2009年にはオバマ米大統領就任イベントの一環として行われたプライベート・イベントでライブ・パフォーマンスを披露、2010年にはチャカ・カーンがプロデューサーとして関わっていたミュージカル『I Dream』にも出演。同年、ロイ・エアーズも参加したデビュー・アルバムをリリースし、高い評価を受けた。

その後、ライブやツアーを重ね、ニューヨークの[Blue Note]やロンドンの[Jazz Cafe]といった場所での公演経験も経て、ついに4年ぶりとなる新作を完成。今回はイギリスでは前作に続いてDome Recordsからの発売だが、アメリカではジェニファー・ホリデイやオマー(Omar)、インコグニート(Incognito)、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ(The Brand New Heavies) 、ミント・コンディション(Mint Condition)など錚々たる面々の作品をリリースしているインディ大手Shanachie Recordsからの発売とあって、前作以上に注目度が増しそうだ。アルバムからはすでに“Call My Name”が発表されているほか、27日のアメリカでの発売に合わせてアルバムの試聴音源も公開されており、彼女の人柄がにじみ出たような温かく力強い歌声が奏でる美しいソウル・ミュージックを聞くことができる。この新作『The Sunroom』はイギリスや日本ではすでに発売中で、日本盤にはボーナストラックが3曲収録されている。

なお彼女のアーティスト・ネームは、彼女が通っていたスペルマン大学の先輩にあたるアリス・ウォーカーのピューリッツァー賞を獲得した小説で、スティーヴン・スピルバーグによって映画化されたことでも有名な『カラーパープル』のキャラクター、シャグ・エイヴリー(Shug Avery)と、エディ・マーフィ主演映画『ハーレム・ナイト』に出てくるキャラクター、サンシャイン(Sunshine)に由来するという。

1. Won’t You Try
2. Call My Name
3. Sywigt Interlude
4. One Foot Ahead
5. Meditation #1 (Conversation With God)
6. Time To Shine
7. Nothing To Something
8. I Do Love You (You Ain’t Got To Lie)
9. Meditation #2 (Conversation with Him)
10. Sweet Afternoon
11. See You When I Get There
12. Safe In His Arms
13. Won’t You Try (Acoustic) [Japan Bonus Track]
14. Call My Name (Acoustic) [Japan Bonus Track]
15. See You When I Get There (Acoustic) [Japan Bonus Track]