bmr

bmr>NEWS>ティンバランドが新作タイトルを『Opera Noir』とアナウンス、シー・ローらとのアルバムに

NEWS

ティンバランドが新作タイトルを『Opera Noir』とアナウンス、シー・ローらとのアルバムに

V. Bozeman & Timbaland, V. Bozeman & Cee Lo Green

ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)とのデュエット版“Love Never Felt So Good”などマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の話題の“新作”『Xscape』でメイン・プロデューサーを務めたことも話題のヒットメイカー、ティンバランド(Timbaland)。彼がついに自身のニュー・アルバムについて口を開いた。

2012年3月には盟友ミッシー・エリオット(Missy Elliott)と共にビデオ出演し、それぞれのソロ新作をアナウンス。当初は6月に同時リリースされると豪語していたが、いずれもいまだ発売されていない。2013年にはジェイ・Z(Jay-Z)率いるRoc Nationとマネジメント契約を締結、手がけたジャスティン・ティンバーレイクのおよそ6年半ぶりとなった新作『The 20/20 Experience』を全面プロデュースし、2013年アメリカでもっとも売れたアルバムになるなど大ヒットを記録、ほかにもジェイ・Z最新作やビヨンセ(Beyonce)最新作を手がけるなど大活躍。また、2013年9月にプロジェクトがスタートしたというマイケル・ジャクソン『Xscape』では、Epic Recordsのトップであり、アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーであるL.A.・リード(L.A. Reid)から直々にリーディング・プロデューサーに任命され、大半の曲を手がけて話題を呼んだばかり。

一方、昨年11月にはジェイ・Z、ドレイク(Drake)らとのシングル“Know Bout Me”をリリースするも、自身の新作リリースについては続報が途絶えていた。L.A.・リードが『Xscape』のプロデュースの依頼をしに行った時にはちょうどティンバランドは自身のソロ新作のレコーディング中だったというが、このニュー・アルバムについて、久々にティンバランドが言及した。REVOLTのインタビューの中で彼は、一時は『Textbook Timbo』とされていた新作のタイトルが『Opera Noir』になったと発表。「ブラック・オペラ」を意味するこの新作は、「文化的なもの。真実。一般的な人生についての作品。俺の人生、俺のパーソナルな人生を表したもので、アーティストとして、人間として、男としての自分自身を描いたものになる」とコメントした。プロデューサーであるため、大ヒットした『Shock Value』をはじめ、これまでは多数のゲスト・アーティストを迎えての作品だったが、「俺と俺の新しいアーティスト、Vという女性だ。俺と彼女、それとシー・ロー(Cee Lo Green)。それだけだ」と、限られたアーティストのみでの作品となるようだ。

Vというのは、ロイド(Lloyd)の2011年のヒット曲“Lay It Down”でポロウ・ダ・ドン(Polow Da Don)の共同プロデューサーを務め、ティンバランドとポロウがジョイント・ベンチャーでデビューさせる予定だったティモシー・ブルーム(Timothy Bloom)の“‘Til The End Of Time”で素晴らしいデュエットを聞かせて注目を集めた女性シンガー/プロデューサー/女優のV・ボーズマン(Veronika “V” Bozeman)を指すものと思われ、実際彼女もTwitterなどで#OperaNoirのタグを使ってティンバランドとレコーディング中の写真を公開するなどしている。彼女は2012年にシー・ローのバックアップのもと、V名義で“Poison”などの曲を発表していたが、ティンバランドと新たに契約したのか、詳細は不明。また、彼女が#OperaNoirのタグを使って投稿している写真には、ティンバランドと共にジェイ・Zと写っているものもあり、また昨年にはファレル(Pharrell)、ドレイクらとの“Been It”のミュージック・ビデオを撮影するという話も報じられており、本当にティンバランド、V、シー・ローの3者だけの作品になるかもまだよく分からないところだ。ティンバランドは、「発表されて全体を耳にすれば、どういうことか分かるだろう。そして『ワオ、こんなの初めてだ』と思うだろう」と語っている。

またティンバランドは、ドクター・ドレー(Dr. Dre)の名作『The Chronic』を引き合いに出し、「ついに俺の『Chronic』が出来たよ」と、その出来に自信を深めている様子。この『Opera Noir』の発売時期は明らかにされていないが、『The 20/20 Experience』、『Xscape』などに続くリリースとして注目されること必至だ。

Timbaland ft. Jay Z, Drake & James Fauntleroy – Know Bout Me (lyric video)

Timothy Bloom & V – ‘Til The End Of Time

V – Poison