bmr

bmr>NEWS>新作制作中のブランディ、婚約者と別れたことを発表

NEWS

新作制作中のブランディ、婚約者と別れたことを発表

Brandy engaged

1994年に15歳でデビューし、グラミー賞にも輝いた人気女性R&Bシンガー/女優のブランディ(Brandy)が、2012年に婚約を発表した男性と別れたことを正式に認めた。

現在35歳のブランディは、Warner/Chappell Musicの重役として働くライアン・プレス(Ryan Press)との交際を以前から明かし、2012年に発売した4年ぶりの新作『Two Eleven』に収録された“Wildest Dreams”も、彼に出会うまで恋愛を諦めていたというブランディの心情を書いた曲だった。2012年11月には「結婚は近い」と示唆していたブランディは、同年12月に婚約したと報じられ、後に代理人がこの報道を認めている。当時はふたり揃った幸せそうな写真を公開するなどしていたブランディだったものの、先日TV番組に出演した際には婚約指輪を外していたが、ふたりは破局したという。ブランディの代理人がPEOPLE誌に明かしたところによると、「ふたりは関係を一歩前に戻すことにしました。ふたりは今も友人ですし、これからもそうです。ネガティブなことは一切ありません」と合意による別れだった発表している。

最近ではアフロ・ヘア姿を見せ、イメージを一新していたブランディは、2012年発売の最新作『Two Eleven』に続くニュー・アルバムを昨年から制作中。最近のインタビューでは、「とても個人的なアルバムになると思う。スペシャルな作品。セラピーのような感じだから。私の人生や、最近経験したことを歌っているわ」と語っており、ライアン・プレスとの別れが色濃く影響しているようだ。また、「これまで以上にR&Bのルーツを深く掘りたい。より深く」と述べ、シャーデー(Sade)とコラボレーションしたいと夢を語り、また故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)にトリビュートを捧げる曲もやりたいと意欲的だ。なお、『Two Eleven』は、10年ぶりに米Billboard誌のR&B/Hip-Hop Albumsチャートで初登場1位を獲得、総合アルバム・チャートでも8年ぶりのトップ3入りを果たしたが、アメリカでのセールスは1年でおよそ18万枚ほどと伸び悩み、ブランディも期待したほどではなく残念だったことを認めている。

ブランディは、2002年にプロデューサーのロバート・スミス(Robert Smith)との間に女の子をもうけている。クリスチャンであることから「未婚の妊娠は罪だと思った」ため、当時、実際には結婚していなかったものの公には結婚したと発表。後に嘘であったことが発覚し、本人も、「結婚について嘘を吐いたことで、私のキャリアは下降した」と以前にTV番組で語っていた。

今月クイーン・ラティファの番組でヨーヨー、MCライトらと再会したときの様子