bmr

bmr>NEWS>コモンとカニエ・ウェストが地元シカゴで音楽フェスを9月に開催

NEWS

コモンとカニエ・ウェストが地元シカゴで音楽フェスを9月に開催

AAHH! Fest 2014

カニエ・ウェスト(Kanye West)とコモン(Common)というシカゴが生んだスーパースターが、地元への地域貢献のためにタッグを組み、今年9月に2日間に渡る音楽フェスティバル〈AAHH! Fest〉を開催することを発表した。

俳優としても活躍するベテラン・ラッパーのコモンと、世界的なスーパースターとなったラッパー/プロデューサーのカニエ・ウェストが、地元シカゴのために動く。コモンによる教育支援の非営利団体 Common Ground Foundationと、カニエ・ウェストによる若者と芸術を支援する非営利団体 Donda’s House Inc.がパートナーシップを結び、音楽フェスティバル〈AAHH! Fest〉を開催することを発表した。9月20日と21日に地元シカゴで開催予定で、1日目となる20日はさまざまなスター・ミュージシャンたちを集めた、いわゆる音楽フェスになるが、2日目はDonda’s Houseがキュレーターとなり、シカゴの才能ある若いミュージシャンのショウケースとなる。また、この〈AAHH! Fest〉ではジョブシャドウイング(実際に職場に行き、“影”になって従業員の業務や職場の様子を直接、観察・見学するという職業教育)のプログラムも用意されるという。このフェスティバルはこれから毎年開催される予定。

この〈AAHH! Fest〉は、シカゴにおける、まだ職に就いていない若者たちの職業支援を目的とした「Chicago Youth Jobs Collaborative」の立ち上げと共に発表されたもの。シカゴは経済の悪化にともなって治安の悪化が問題となっており、さまざまな形で若者が就職できるよう支援することで、若者たちをトラブルから守るという意図もあるようだ。この「Chicago Youth Jobs Collaborative」もCommon GroundとDonda’s Houseを中心としたプロジェクトで、記者会見では、Donda’s Houseの共同創立者であり、クリエイティヴ・ディレクターでもあるライムフェスト(Rhymefest)も出席した。

なおコモンは今年、ニュー・アルバム『Nobody Smiling』をリリースする予定だが、この新作について「シカゴや大半の都市のインナーシティでは今、何が起こっているのか。誰も笑顔じゃない、ということから生まれた作品だ。“アルバム”というだけでなく、行動を喚起する“ムーヴメント”でもある。音楽をやるだけでなく、みんなの心を動かしたいと真剣に考えているんだ」などと語っており、地元シカゴへの想いから生まれた作品になることを以前に明かしている。