bmr

bmr>NEWS>デ・ラ・ソウル、予告どおり全編ディラのビートを使ったミックステープを発表

NEWS

デ・ラ・ソウル、予告どおり全編ディラのビートを使ったミックステープを発表

De La Soul - Smell The Da.I.S.Y.

2月にはデビュー25周年を記念して過去作品を25時間限定で無料配布したことも大きな話題となったベテラン・ヒップホップ・グループ、デ・ラ・ソウル(De La Soul)が、予告どおり故J・ディラ(J Dilla)のビートを使ったミックステープ『Smell The Da.I.S.Y. (Da Inner Soul of Yancey)』を発表した。

90年代に「ニュースクール」と呼ばれた新たなトレンドの担い手として米ヒップホップ界をリード、独自のスタイルを貫き後進にも大きな影響を与えたデ・ラ・ソウルは、今年3月3日に、彼らのデビュー・アルバムにしてヒップホップ史に残る名作『3 Feet High and Rising』の発売から25周年を迎え、契約上の理由でいまだにデ・ラ・ソウルの旧譜がiTunesで配信できていない状況を受けて、「ファンのために」旧譜を2月14日から25時間限定で無料配信。アクセスが集中したため、一時は公式サイトに接続しにくい状況や、すぐにダウンロードができない状態が起こり、本人たちも「予想外」と驚くほどの反響を呼んだばかり。

そして記念日となる3月3日にはディラのビートを使った新曲“Dilla Plugged In”を発表し、全編ディラのビートを使ったミックステープ『Smell The DA.I.S.Y.』をリリース予定とアナウンスしたが、これがついに公開された。全11曲となるこのミックステープは、デ・ラ・ソウルの公式サイトから無料でダウンロードできるほか、P2Pクライアント「BitTorrent」の商用コンテンツ配信サービス「BitTorrent Bundle」を通しての配信も。このバンドルのほうには、ウォールペーパーや、コモン(Common)やエリカ・バドゥ(Erykah Badu)、Qティップ(Q-Tip)らも登場するディラのドキュメンタリー映像『Still Shinning』の動画なども付いているようだ。またこのミックステープは、敬愛するディラへのトリビュート作でもあり、デ・ラ・ソウルは寄付も呼びかけている。

昨年4月には同じくヒップホップの伝説的なグループ、ウータン・クラン(Wu-tang Clan)にインスパイアされた新曲“Get Away”を発表しているデ・ラ・ソウルだが、DJプレミア(DJ Premier)とピート・ロック(Pete Rock)が3曲ずつプロデュースを担当するというEP『Premiem Soul On The Rocks』、そしてニュー・アルバム『You’re Welcome』の準備も進めている。

J Dilla documentary “Still Shining”

1. Let the King Ascend
2. Who (feat. Redman)
3. Dilla Plugged In
5. Goes the Word
5. Vocabulary Spills
6. The Pitch
7. Taking the Train
8. Leave Your Cares Behind
9. O’Shut Up
10. No More No Less
11. Marvin Jaye