bmr

bmr>NEWS>ディディ、新作で「パフ・ダディ」に名前を戻す

NEWS

ディディ、新作で「パフ・ダディ」に名前を戻す

Diddy or Daddy?

昨年には米経済誌フォーブスによる恒例のヒップホップ長者番付「Cash King List」で堂々の1位となるなど今やビジネスマンとして幅広く活躍しているディディ(Sean “Diddy” Combs)が、ヒップホップ・プロデューサー/ラッパーとして90年代に頭角を現した頃の名前「パフィ・ダディ」(Puff Daddy)に戻した。

4年ぶりのニュー・アルバムを制作中のディディは、まもなくリード・シングルとなる新曲“Big Homie”をリリースする予定だが、Radio.comの報道によれば、この新作に合わせてパフ・ダディ名義に戻るのだという。数日前に公開された“Big Homie”の予告編映像でも「パフ・ダディ」となっているほか、彼のInstagramなどでは「#DiddyorDaddy???」(ディディかダディか?)というコメントが綴られている上に、実際に“Big Homie”は、AmazonやiTunesなどでは「パフ・ダディ」の作品として発売されている。ただし本人は、Twitterで「公式に言っておくと、俺は名前を変えたわけじゃない。俺はいままでもパフ・ダディだったし、そしてこれからもずっとパフ・ダディだ」とコメントしている。

リック・ロス(Rick Ross)とフレンチ・モンタナ(French Montana)がゲストとして参加する“Big Homie”は、正式には3月31日にリリース予定とのことだが、日本のiTunesではすでに発売されている。ニュー・アルバムは『MMM』と呼ばれているが、正式なタイトルか略称かは不明。2月には、フレンチ・モンタナがこのディディ/パフ・ダディの新作のエグゼクティヴ・プロデューサーになるとの発表もあった。

昨年10月にはRevoltをスタートさせ、放送メディアまでも手中にいれた“ビジネスマン”のディディだが、元々はUptown Recordsのインターンとして音楽業界に入り、メアリー・J.プライジ(Mary J. Blige)などのデビューに携わった人物で、1993年にはBad Boy Recordsを立ち上げてさらに頭角を現し、ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)らを抱え、プロデューサーとして大ヒットを数々放ち、シーンに多大な影響を与えてきた。パフィ・ダディという名前は、彼が1997年にラッパー・デビューを飾る際に登場したMC名。2001年にはP・ディディ(P. Diddy)、2005年にはディディと名前が変わっている。