bmr

bmr>NEWS>アンドレ3000がアレサ・フランクリン新作に参加へ

NEWS

アンドレ3000がアレサ・フランクリン新作に参加へ

Andre 3000

25日に72歳の誕生日を迎える“クイーン・オブ・ソウル” アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)のニュー・アルバムに、今年活動再開することで話題のグラミー受賞ヒップホップ・デュオ=アウトキャスト(Outkast)のメンバーであるアンドレ3000(Andre 3000)が参加予定であることが明らかになった。

アレサ・フランクリンは、2012年の70歳の誕生日パーティで、かつて組んでいたこともある音楽業界の大御所クライヴ・デイヴィス(Clive Davis)と新たに契約し、新作の制作に入っていることを発表。名プロデューサーのベイビーフェイス(Babyface)、現Blue Note Records社長としても知られるドン・ウォズ(Don Waz)らがプロデューサーとして参加し、「素晴らしいディーバたちの代表曲を、あの素晴らしい国宝級の歌声でカバーする」カバー・アルバムになる予定とされている。昨年はアレサが体調を崩したこともあり、レコーディングに遅れが出ているものの、現在は順調に制作中の模様。先週土曜にニューヨークのリッツカールトン・ホテルで開催されたアレサの誕生日パーティで、彼女は注目のニュー・アルバムについて言及。アレサは、ベイビーフェイスと現在制作中であると話し、それに付け加えて「アンドレ3000も……2曲か3曲かしら? 彼もベイビーフェイスと一緒に何曲かやってくれる予定よ」と、なんとアンドレ3000も参加していることを明かした。アンドレ3000はこれまで、ケリス(Kelis)の“Millionaire”を始め、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)『Love. Angel. Music. Baby.』や相方ビッグ・ボーイ(Big Boi)の『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』などでプロデューサーを務めたことがある。

また、ベイビーフェイスは現在ブロードウェイ・ミュージカル『After Midnight』にトニ・ブラクストン(Toni Braxton)と共にゲスト出演中のため、「だから彼が公演を終えて、私の曲をどうか完成させてくれるよう待っているところよ」と、30日までのゲスト出演が終了するのを待っていると話している。アレサの新作の発売時期などはまだ発表されていない。なお、2010年には病名を公表しないまま入院して半年間活動を休止、昨年も一部公演を急遽キャンセルするなど体調が心配されるアレサだが、最近は元気なようで、ミシェル・オバマ大統領夫人が先日ホワイトハウスで開いた〈Women of Soul〉に出演し、パティ・ラベル(Patti LaBelle)やジル・スコット(Jill Scott)らと共に歌声を披露している。