bmr

bmr>NEWS>ファレル、コム デ ギャルソンとのコラボで香水を9月に

NEWS

ファレル、コム デ ギャルソンとのコラボで香水を9月に

Pharrell Williams

オスカー候補にもなったシングル“Happy”が全米チャートで現在3週目の1位を獲得するなど昨年から勢いが増しているヒットメイカーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が、コム デ ギャルソンとのコラボレーションで香水をプロデュースすることが明らかになった。

昨年はプロデュースしたロビン・シック(Robin Thicke)の“Blurred Lines”が大ヒットを記録し、先日のグラミー賞では年間最優秀プロデューサー賞を受賞、またボーカルとして参加したダフト・パンク(Daft Punk)“Get Lucky”も世界的なヒットになるなど勢いに乗っているファレル。惜しくも授賞には至らなかったものの、初めてアカデミー賞の候補にもなった“Happy”は現在大ヒット中で、こちらもリード・アクトとしては自身初めてとなる1位を獲得。先日リリースされた8年ぶり新作『G I R L』は各国のiTunesチャートで1位を獲得したほか、全米チャート初登場2位、全英チャートでは初登場1位など好調だ。

ここ最近は、グラミー賞でもかぶり、チャリティ・オークションに出されたヴィヴィアン・ウエストウッドの山型ハットが話題になるなどファッション面でも注目されるファレルだが、コム デ ギャルソンとのコラボレーションで香水を発表することが明らかになった。この香水は、最新作のタイトル同様に「GIRL」という名前になるものの、ユニセックスになるとのこと。ファレルはコム デ ギャルソンとのコラボについて、「俺の好きなデザイナーのひとりがこんなことを言ったことがあるんだ。『コム デ ギャルソンは、君の好きなデザイナーが好きなデザイナーだ』ってね。トップの中でも最上位、ベストの中でも最高ってこと。コム デ ギャルソンとコラボできてとても光栄だ」と、米WWD誌に対して語っている。この香水「GIRL」は9月に発売される予定で、まだ詳細は明かされていないが、Vogue Australia紙の報道によると、「ファレルは自分が求めている香りを最初から分かっていた」のだそう。

なおファレルは、NIGOがクリエイティブディレクターに就任した、ユニクロのTシャツブランド「UT」とのコラボも明らかになっている。こちらはファレルが2011年に立ち上げた事業と同名の「i am OTHER」というコラボ・ラインになり、日本では4月14日(月)から発売スタートになる。また、最新作『G I R L』にボーナストラックを加えた日本盤が4月30日に発売される予定で、一般から「ハッピー☺フェイス(笑顔)」の写真を集め、日本盤のオリジナル・アートワークにするという「ハッピー☺プロジェクト」も実施されている。20日(木)23:59まで受け付けているとのこと。

“Happy”