bmr

bmr>HOTSPOT>[new remix] Post Malone ft. Roddy Ricch & Tyga – Wow. (Remix)

HOTSPOT

[new remix] Post Malone ft. Roddy Ricch & Tyga – Wow. (Remix)

Post Malone - Wow (Remix)

ポスト・マローンが昨年12月末に発表し、先週発表された3月16日付の全米シングル総合チャートで最高位となる7位まで上昇するなど最新ヒットとなっている“Wow.”。

カミラ・カベロ“Havana”やジョナス・ブラザーズの最新ヒット“Sucker”といった全米ナンバーワン・ヒットを生んだフランク・デュークスルイス・ベル(“Havana”や“Sucker”ではルイス・ベルはソングライター)のタッグが手がけたこの曲に、昨年は“Taste”で7年以上ぶりにトップ10ヒットを放ったタイガ、そして昨年“Every Season”や“Die Young”が話題を呼び、昨年末にマーシュメローとのコラボ曲“Project Dreams”を放った20歳の新進ラッパー、ロディ・リッチの2名が新たに加わったバージョンが発表されました。

ポスト・マローンの“Wow.”は、チャートイン4週目となる1月26日付の全米シングル総合チャートでトップ10入りして以来、8週連続でトップ10入りを続けていますが、このリミックスでさらに上位へと進めるでしょうか。正式なミュージック・ビデオもまだ用意されていないので、映像が作られると一気に加速しそう。

produced by Frank Dukes & Louis Bell
written by Post Malone, Billy Walsh, Frank Dukes, Louis Bell, Roddy Rich & Tyga

vocal production by Louis Bell
background vocals by Anthoine Walters

またポスト・マローンは、日本でも今月より公開が始まったオスカー受賞アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のサントラ(⇒ 全曲フル試聴可)から、スウェイ・リーとのコラボ曲“Sunflower”が、“Wow.”を上回る勢いでヒット中。昨年11月3日付チャートで初登場9位となり、その後すぐに20位台にランクダウンしたものの、じわじわと上昇した後、北米での映画公開(12月14日)の影響で12月22日付チャートで前週17位から7位へとジャンプアップしてトップ10に返り咲き。4位→5位→3位と経て、今年1月19日付チャートでは首位を獲得しました。以降、現在に至るまで9週連続でトップ5をキープしています。

プロデューサーのルイス・ベルは、ポスト・マローンの曲“rockstar”(タンク・ガッドとの共同プロデュース)を始め、ホールジーの“Without Me”(単独プロデュース)、ポスト・マローン&スウェイ・リーの“Sunflower”(カーター・ラングとの共同プロデュース)と、ナンバーワン・ヒットを連発。今もっとも勢いのある人ですね。ジョナス・ブラザーズの初登場1位となった“Sucker”にもソングライティングとベースで関わっています。

フランク・デュークスもまた、カミラ・カベロの全米1位になった“Havana”(単独プロデュース)を筆頭に、ここ最近ヒットすることが増えたプロデューサー。ジョナス・ブラザーズの“Sucker”もライアン・テダーとの共同プロデュースです。近年のトップ10ヒットには、ザ・ウィークエンド&ケンドリック・ラマー“Pray For Me”(ドク・マッキニーとの共同プロデュース)、ザ・ウィークエンドの“Call Out My Name”(単独プロデュース)などがあります。

アリシア・キーズの“In Common”、ポスト・マローン“I Fall Apart”(共にイランジェロ制作)あたりから名前を見るようになったソングライターのビリー・ウォルシュ(ウィリアム・ウォルシュ)も覚えておきたい名前。ザ・ウィークエンド『Starboy』では3曲に関わっていた彼は、ポスト・マローン&スウェイ・リーの“Sunflower”にも関与。この“Wow.”にもソングライターとして名を連ねています。