bmr

bmr>HOTSPOT>[album stream] B.Slade ‘Bleu.’

HOTSPOT

[album stream] B.Slade ‘Bleu.’

B. Slade - Bleu.

昨年3月にリリースされたスヌープ・ドッグ指揮によるゴスペル・コンピレーション『Snoop Dogg presents Bible Of Love』ではスヌープとのリード曲“Words Are Few”で歌唱/プロデュースを担当したのを始め、自身の新曲2曲を提供+チャーリー・ウィルソンの“One More Day”やスヌープ&キム・バレルの“Sunshine Feel Good”にも関与と活躍、『Bible Of Love』発売2ヵ月後にはアルバム未収録曲“Thank You For Having Me”でもスヌープとコラボしたことも記憶に新しいB・スレイド(かつての名前はトーネイ)。

チャカ・カーンやシャニースらのプロデュースやフェイス・エヴァンスとの共演でも知られ、手がけたアンジー・フィッシャー“I.R.S.”(元はB・スレイドが歌っていたもの。日本未配信)でグラミー候補にもなった彼が、2017年11月にRopeadope/RSVPから発表したセルフ・タイトル作『B. Slade』以来のニュー・アルバム『Bleu.』を発表しました。

元々トレンドを積極的に取り入れてきた人だけに、『B. Slade』同様に時流に乗ってトラップを咀嚼したサウンドを聞かせますが、よりメロウな歌ものとして昇華した印象です(ドレイクあたりの影響?)。レイト90s調な“Anytime.”あたりも昨今の90s回帰を意識して、でしょうか。“Words Are Few”後半で見せる独壇場やパティ・ラベルのステージで聞かせるような、彼の歌唱力が存分に発揮された楽曲ももっと聞きたいところですが……

多作家の彼はBandcampを通じて数々のシングルを発表していますが、iTunes等でも配信されている“Losing Interest.”と“King Me.”&“Mo’ Betta Bleuz.”の3曲は本作に収録。一方、昨年リリースされたものだけでも大半のシングルは未収録に終わっており、『Super Saturday』なるアルバムのファースト・シングルと告知されていた90sヒップホップ調の“Hey Now Ghetto Style”(ピーター・ガンズ参加!)だけでなく、“Starbuckz”、“Diana Prince”、“Cough It Up”、“Love My Life.”や、Bandcampで無料公開された“Lost At Sea”などは全て未収録です。

ちなみに昨年は、アンジー・フィッシャーらが参加した2015年作『DeLorean』がiTunes等で再配信されています。またここ最近はパティ・ラベルのツアーでバックコーラスを務めており、ステージではフィーチャーされることも多いようです。

1. Bleu.

2. Billy Ocean.

3. Alone.

4. Losing Interest.

5. Mo’ Betta Bleuz. (feat. Matt Cappy)

6. Parenthesis. (feat. Lorie V. Moore)

7. King Me. (feat. Lorie V. Moore & King Bee)

8. Bleu Moon.

9. WRQ.

10. Bleu French Kiss.

11. Anytime. (feat. Azmarie & Lex Lu)

12. Alone 2 (feat. Sixx John)