bmr

bmr>HOTSPOT>[live videos] ニッキー・ミナージュ、ジャネット、ホールジーらEMAsライブ映像

HOTSPOT

[live videos] ニッキー・ミナージュ、ジャネット、ホールジーらEMAsライブ映像

MTV Europe Music Awards 2018

現地時間で4日に〈MTV Europe Music Awards〉が今年も開催。今年はスペインで開催されたこのアウォードよりいくつかライブ映像をご紹介します。なお公式のものは日本からは観られないため、こちらに掲載しているのは全て非公式のもの。それゆえ削除される可能性ございますのでチェックはお早めに。

なお最優秀新人賞はカーディ・Bが受賞。ニッキー・ミナージュは、最優秀ヒップホップと最優秀ルックの2冠となり、最多は最優秀アーティスト賞などに輝いたカミラ・カベロでした。

グローバル・アイコン・アワードに輝いたジャネット・ジャクソンは最新シングル“Made For Now”をパフォーマンス。途中で“All For You”と“Rhythm Nation”も少し挟んでいます。

 

ニッキー・ミナージュは、自身の最新作『Queen』よりマイク・ウィル・メイド・イットな“Good Form”を披露。その後、リトル・ミックスが登場し、ニッキーがゲスト参加した“Woman Like Me”(来週16日にリリースする新作『LM5』からのリード曲)へと移ります。
さらにニッキーはその後、ジェイソン・デルーロデヴィット・ゲッタによる“Time To Say Goodbye”ネタな“Goodbye”のパフォーマンスにも参加と大忙し。

なおニッキーは、ゲスト参加したタイガの“Dip”が最新の全米シングル総合チャートで83位に初登場。これにより記念すべき100曲目のトップ100ヒットを手にしました。

 

今月末に新作『The Pains Of Growing』をリリースするアレッシア・カーラは、アルバムからの2ndシングルで、ポップ&オーク制作によるレゲエ調の“Trust Me Lonely”を披露。

 

またホールジーは、最新の全米シングル総合チャートで9位に上昇とトップ10入りを果たした最新シングル“Without Me”を。
この曲、ポスト・マローンの大ヒット曲“rockstar”を手がけたルイス・ベルがプロデュースした楽曲で、ブリッジでは、ジャスティン・ティンバーレイク“Cry Me A River”からサビ前の「You don’t have to say, what you did
I already know, I found out from him」の歌詞を参照しています(歌詞だけでメロディは引用していないので分かりづらいですが)。メインストリームのポップスはどんどんアーバンを侵食していきますね。

 

こちらも全米シングル総合チャートの話になりますが。マーシュメローは、まずアン・マリーと共に、今年3月に全英シングル・チャート最高4位、6月に全米シングル総合チャートで最高11位となった“Friends”を披露し、その後バスティルを迎え、10月に全英シングル・チャート最高2位を記録し、全米シングル総合チャートでは10月20付チャートでトップ10入り、最新チャートでは3位まで上昇している“Happier”をパフォーマンスしました。

ちなみに10月にプロモーション来日したばかりのアン・マリーですが、来年4月15日(月)に恵比寿リキッドルームにて初の単独公演が決まっています。

 

また開催地がスペインということもあって、J・バルヴィン『Vibras』にも参加していたスペインの注目すべき25歳、ロザリアも出演。発表されたばかりの最新作『El Mal Querer』より、“De aquí no sales”、そして大ヒット“Malamente”の2曲を披露しています。いずれもフラメンコを、クールかつアバンギャルドな形で現代流ミニマム・ダンス・ポップに昇華したもので、パフォーマンスも素晴らしいですね。
ちなみに『El Mal Querer』にも、ジャスティン・ティンバーレイク“Cry Me A River”のサビ前を引用した(こちらはメロディのみ)“Bagdad”という曲が収録されています。