bmr

bmr>HOTSPOT>[album stream] Braxton Cook ‘No Doubt’

HOTSPOT

[album stream] Braxton Cook ‘No Doubt’

Braxton Cook - No Doubt

クリスチャン・スコットのツアー・メンバーとして活躍した若手サックス奏者であり、ディアンジェロの地元リッチモンドのジャズ~ファンク・バンド=ブッチャー・ブラウンとのコラボでも知られるブラクストン・クック

2014年には「ジャズとソウルの創造的なブレンド」を意識したEP『Sketch』でシンガー・ソングライターとしての顔も見せ始めた彼は、昨年4月に全曲を作詞作曲・プロデュースした初のフル・アルバム『Somewhere In Between』をFresh Selectsから発表。これまで以上にR&Bやネオ・ソウルのような響きが増した同作は後に日本盤も発売され、昨年10月には初の単独来日公演も行われました。

日本盤にも収録された“Somewhere In Between (Swarvy Remix)”を始めとして、今年はサモーラ・ピンダーヒューズとの“Pariah”のキーファー(Stones Throwから今年デビューしたジャズ・ピアニスト/ビートメイカー)によるリミックス、地元ポートランドの才能クイックリー・クイックリーによる“Never Thought”のリミックスといった気鋭ビートメイカーたちによるリミックス群をリリース。今年始めには、さらにカーニヴァル・キッド aka ブラック・サムライ( aka ラヴ・エクスペリメントのチャールズ・バーチェル)とのジャズ×ヒップホップなクールなコラボ曲“Lately”を発表したり、トム・ミッシュのツアー・メンバーを務めたり(「Tiny Desk Concert」にも参加)と精力的に活動をしている彼が、およそ1年ぶりのニュー・アルバム『No Doubt』を完成。

ジャズ~フュージョンから、R&B~ネオ・ソウル、さらにはトラップ的なビートまで、「フューチャー・ジャズ・ソウル」を謳うブラクストン・クックのさらなる進化を見せる作品。カマシ・ワシントン最新作『Heaven and Earth』や、ウェイン・ショーター・カルテットなどで活躍するドラマーのジョナサン・ピンソンを始め、アンドゥルー・レンフロー(ギター)、マティス・ピカード(ピアノ)など前作『Somewhere In Between』から引き続きの面々が助力しているようです。

1. No Doubt
2. When You Hold Me
3. Like You Used To
4. We Major
5. For More
6. Pretend
7. Wish You Well
8. Lost Ones
9. Outro