bmr

bmr>HOTSPOT>[live videos] レデシー、ファンテイジアらによるアレサ追悼やH.E.R.、タミアなどなど〈Black Girls Rock〉ライブ映像

HOTSPOT

[live videos] レデシー、ファンテイジアらによるアレサ追悼やH.E.R.、タミアなどなど〈Black Girls Rock〉ライブ映像

Ledisi - Black Girls Rock! 2018

黒人女性たちを讃え、さらなる向上へと導くイベント〈Black Girls Rock!〉が今年も開催。豪華アーティストたちによるアレサ・フランクリン・トリビュートを始め、様々なパフォーマンスが披露されたのでご紹介します。放送局のBETの公式チャンネルで公開されたものですが、この手の動画は一定期間を過ぎると観られなくなる場合もありますので、チェックはお早めに。

まずはやはりアレサ・フランクリン・トリビュートからでしょうか。ジャズミン・サリヴァンの“I Never Loved A Man”から始まり、レデシーによる圧巻の“Ain’t No Way”、トニー賞受賞ミュージカル女優のシンシア・エリヴォによる“I Say A Little Prayer”と続き、ステファニー・ミルズが“Until You Come Back To Me”と“Bridge Over Troubled Water”を披露した後、最後にヨランダ・アダムスが“How I Got Over”でチャーチへと導きます。

Aretha Franklin tribute medley:
Jazmine Sullivan – I Never Loved A Man (The Way I Love You)
Ledisi – Ain’t No Way
Cynthia Erivo – I Say A Little Prayer
Stephanie Mills – Until You Come Back To Me (That’s What I’m Gonna Do) / Bridge Over Troubled Water
Yolanda Adams - How I Got Over

 

ファンテイジアは別にアレサ・フランクリン・トリビュートを。“Chain Of Fools”と“Respect”を披露しています。

Fanatasia – Chain Of Fools / Respect (tribute to Aretha Franklin)

 

H.E.R.は、エド・シーランの“Make It Rain”をカバーという珍しい選曲。ちなみにH.E.R.はアレサ・フランクリン逝去を受けて、“Day Dreaming”をサンプリングした“Let’s Get Away”というトリビュート曲を発表しています。

H.E.R. – Make It Rain

 

アルバム・デビュー20周年を迎えたタミアは、20年前のヒットであり、最近もフィフス・ハーモニーのノーマーニがカバーするなど今なお歌い継がれている名曲“So Into You”、そして先日リリースされたばかりの最新作『Passion Like Fire』より、米アダルトR&Bエアプレイ・チャートで8週連続で2位をキープ中とヒットしているリード曲“Leave It Smokin’”の2曲を歌いました。

Tamia – So Into You / Leave It Smokin’

 

Roc Nation所属の新人ヴィクトリー(・ボイド)は、6月に発表したフォーキー&ソウル+ジャジーなデビュー作『The Broken Instrument』より、ナインス・ワンダーら制作で好評を得たリード曲“Open Your Eyes”を披露。

Victory – Open Your Eyes

 

ラプソディはスポークンワードを。

Rapsody – A Penny For Your Thoughts (spoken word)

 

ふたたび登場のヨランダ・アダムスは、ヴォイセズ・オブ・イースト・ハーレムの“Right On Be Free”をカバー。このパフォーマンスは、モダン・ダンスに変革をもたらしたとされるアフリカ系の伝説のダンサー/振付師アルヴィン・アイリーの代表作“Cry”のダンスをフィーチャーしたものになっています。踊っているのはアルヴィン・アイリー・アメリカン・ダンスシアターの生徒でしょうか?

Yolanda Adams – Right On Be Free