bmr

bmr>HOTSPOT>[album stream] Change ‘Love 4 Love’ #ChangeIsBack

HOTSPOT

[album stream] Change ‘Love 4 Love’ #ChangeIsBack

Change - Love 4 Love

ルーサー・ヴァンドロスが歌った“The Glow Of Love”(後にジャネットが“All For You”でサンプリング)や、“Hold Tight”、“A Lover’s Holiday”などでも知られるダンス~ソウル・グループのチェンジが復活。

オリジナル・メンバーであるマウロ・マラヴァシダヴィド・ロマーニに加え、90年代から数々のリミックスやプロデュースをこなしてきたステファノ・コロンボ(Figo Sound)のプロデュースで、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては1985年発表の『Turn On Your Radio』以来33年ぶり、1990年に録音・完成されていたもののお蔵入りとなっていた音源を中心とした『Change Your Mind』(2009年~2010年)から数えても8年以上ぶりの新作となる『Love 4 Love』を発表しました。

当初は、ナイル・ロジャース&シックの久々の新作『It’s About Time』と同日となる9月7日の発売、という話でしたが、『It’s About Time』が9月28日発売に延期したためでしょうか(?)、チェンジの『Love 4 Love』は8月31日にデジタル先行配信されておりました(フィジカルCDは変わらず9月7日発売)。新曲のボーカルは、日野賢二のデビュー・アルバム『ワンダーランド』などでも歌っていたバークリー卒の実力派女性シンガー、タニア・ミシェル・スミスが担当しているようです。またオリジナル新曲に加え、ルーサー・ヴァンドロスが歌う“Searching”、ジョセリン・ブラウンが歌う“It’s A Girl’s Affair”などの過去曲のステファノ・コロンボ(Figo Sound)によるリミックスも加わる仕様。

なお、リード曲の“Hit Or Miss”には、ソウルペルソナやステファノ・コロンボ(Figo Sound)によるリミックスも発表されていますよ。

1. Hit Or Miss

2. All My Life

3. Love 4 Love

4. Make Me (Go Crazy)

5. Friends

6. Living In Your Love

7. How Will We

8. Too Late

9. Living Monday

10. Let’s Go Together

11. Oh What A Feeling (feat. Deborah Cooper) [Figo Sound Version]

12. Searching (feat. Luther Vandross) [Figo Sound Version]

13. Seaside (Prelude) / 14. You’ll Always Be A Part Of Me (feat. Deborah Cooper & Rick Brennan) [Figo Sound Version]

15. It’s A Girl’s Affair (feat. Jocelyn Brown) [Figo Sound Version]