bmr

bmr>HOTSPOT>[EP stream] Mo Brandis ’8′ (prod. by Mo Brandis & Harry Tarlton)

HOTSPOT

[EP stream] Mo Brandis ’8′ (prod. by Mo Brandis & Harry Tarlton)

Mo Brandis - 8

インコグニートの2012年作『Surreal』への参加&ツアー・メンバーに選ばれ、ブルーイから「モダンなR&Bとソウルフルなオールドスクールのふたつを完璧に表現できるボーカリスト」と絶賛された、ドイツ出身・ロンドンを拠点とするR&Bシンガー/ソングライター/プロデューサーのモー・ブランディス

彼が、ソロとして新たなEP『8』を発表。8月にリリースされていたものですが、遅ればせながらご紹介いたします。全曲をモー・ブランディス自身とハリー・タールトンがプロデュース。

ハリー・タールトンは、トム・ミッシュの2015年曲“Sunshine”のレコーディング・エンジニアを務めていたロンドナーで、モー・ブランディスが複数曲でソングライティングやボーカル・プロデュースで関わったストゥーシーの2nd『London With The Lights On』(2013年)にて、“Put The Kettle On”をプロデュースしていた人でもあります。

ディスコ・ファンクなリード曲“Think”や80sダンス・ポップの匂いもする“Cold Love”を始め、EDM以降のシンセ煌めくポップ~R&B作品集。ファルセットの響く“Smoke & Mirrors”や“Cold Love”は、ところどころ『FutureSex/LoveSounds』期のジャスティン・ティンバーレイクっぽくもあります。“Heaven Can Wait”は、ガラントなどにも通ずるフューチャー・ベース以降のR&Bという感じですね。

JTっぽいファンク&ポップな表題曲がクールだった、去年11月の1st EP『The Undercover』も同じくモー・ブランディス&ハリー・タールトンのコンビでした。

1. Heaven Can Wait
2. Think
3. Smoke & Mirrors
4. Cold Love