bmr

bmr>HOTSPOT>[new song] Ciara ft. Tekno – Freak Me (prod. by J.R. Rotem)

HOTSPOT

[new song] Ciara ft. Tekno – Freak Me (prod. by J.R. Rotem)

Ciara - Freak Me

DJテリー・テルズの“Fuck It Up Challenge”ネタ……というかリメイクといった形の“Level Up”で復活の狼煙を上げたシアラが、早くも新曲を発表。“Level Up”に続けてJR・ロテムがプロデュースを務めた今回は、ティワ・サヴェジの2015年作『R.E.D』に収録された“Before Nko”ネタ(主にサビを拝借)のアフロ・ポップ・テイストな“Freak Me”です。

ソングライティングは、“Level Up”に引き続き、R・シティ(ロック・シティ)のセロン・トーマスが参加。2013年の『Ciara』では2曲をロック・シティ名義でプロデュース、2015年の『Jackie』でも複数曲のソングライティングを務めるなど、近年のシアラ作品には欠かせない人物です。

ゲストに参加しているテクノ(・マイルス)は、2015年に発表した“Duro”や2016年の“Pana”が反響を呼んだナイジェリアの勢いある25歳。

元ネタになったティワ・サヴェジ(38)も「クイーン・オブ・アフロビート」の異名も持つナイジェリア出身の女性シンガーで、10代以降は英国は主に英国で育ったほか、バークリー音楽院でジャズを学んだこともある才女。2010年に母国ナイジェリアでデビューし、同地のスターになっただけでなく、かつてはメアリー・Jらのバックコーラスを経験し、バークリー卒業前後からラトーヤ、マイア、ファンテイジア、モニカ、ケニー・ラティモアらのソングライターとしても活躍。こうした実績や、ここ数年のアフリカへの注目度の高さ(2016年2月にソニー、今年7月にはユニバーサルがそれぞれナイジェリア支社を立ち上げ。〈Essence Festival〉が2016年から南アフリカのダーバンでも開催。IFPIの2017年レポートでは南アフリカでのストリーミングが前年比334.2%増と急拡大など)も後押ししたのでしょう、2016年6月にはRoc Nationとマネジメント契約を締結。昨年9月に発表したEP『Sugarcane』収録の“Get It Now”にはオマリオン参加バージョンも発表されたりと、世界を視野に入れた活動へとシフトしていっています。

シアラはジャージー・クラブな“Level Up”に続いてアフリカンな“Freak Me”……ということで、JRと共に既存の様々なダンス・ミュージックを拝借・昇華していくのでしょうか。昨年のインタビューでは「世界を躍らせたい」と言っているので、ありえなくもないですね。シアラは2016年にEpicを離れており、新作は自主レーベル Beauty Marks Entertainmentより年内にリリース予定とか。確か2017年にWarner Bros. Recordsと契約したはずですが……Warner Bros.のアーティスト一覧にも載ってないですし、うまくいかず終了したのでしょうか。

なお“Level Up”は、先日ミッシー・エリオットとファットマン・スクープという“Lose Control”な組み合わせの新バージョンも登場。また #LevelUpChallenge というダンス・チャレンジは、1歳のクリスチャンくんの前で父親が踊る映像が話題に。このクリスチャンくん、急性リンパ性白血病(小児がん)の治療が成功した男の子だったということもあり、シアラが病院にも駆けつけたようです。

他にも様々なチャレンジャーが登場し、ハリー・ベリーが映画『B*A*P*S』での自身の映像を使ったポストもしていますが、シアラ自身が挑戦して普及に大きく貢献した#InMyFeelingsChallengeのドレイク“In My Feelings”のような盛り上がりにはなっていないですが……。“Freak Me”でもダンス・チャレンジ始まりそうです。

Being comfortable in your own skin !!! #FlawsNALL #LevelUpChallenge #GKASQUAD #GirlsTrip #IKnowICantDance

Angela Simmonsさん(@angelasimmons)がシェアした投稿 –