bmr

bmr>HOTSPOT>[live video] Ella Mai – Boo’d Up / Naked (for Billboard Live!)

HOTSPOT

[live video] Ella Mai – Boo’d Up / Naked (for Billboard Live!)

Ella Mai -BillboardLive! 2018

80s R&Bを現行トラップ風に解釈したような“Boo’d Up”が先週11位、今週8位と全米シングル・チャートを駆け上がっている注目の23歳新進女性R&Bシンガー、エラ・メイが、Billboard企画でライブ・パフォーマンスを披露。話題の“Boo’d Up”に加え、日本未配信の最新シングル“Naked”と2曲を披露しています。

ソールドアウトになったというニューヨークSOB’s公演で、この2曲にプラス、クリス・ブラウンの“Yo (Excuse Me Miss)”のカバーも披露したライブ映像も合わせてどうぞ(記事の最下部にあります)。

サウスウェスト・ロンドン出身、ジャマイカ系とアイルランド系の血を引くエラ・メイは、イジー・ビズらを輩出した英音楽学校 British and Irish Modern Music Instituteに在学中の2014年夏、ガールズ・グループのアライズ(Arize)のメンバーとして英国版『The X Factor』第11シーズンに挑戦。しかし勝ち上がれず、ほどなくしてグループは解散。

その後ソロで、彼女はInstagramなどを通じてカバー動画をアップ。フェティ・ワップの“679”やトゥパック“Keep Ya Head Up”などのソウルフルなカバーが話題となり、DJマスタードからDMをもらうことに。そして2015年、ふたりはニューヨークで顔を合わせ、共にスタジオ入り。結果的にDJマスタードのレーベル 10 Summers入りすることが決定し、2016年2月にDJマスタード全面プロデュースのEP『Time』をリリース。また、同年9月にリリースされたDJマスタードの『Cold Summer』でも、“10,000 Hours”でお披露目され、11月に早くも2nd EP『Change』を発表。

ミュージック・ビデオではカリードやカマイヤらがカメオ出演している“Boo’d Up”は元々、昨年2月に発表された3rd EP『Ready』に収録されていた楽曲。これが今年3月になってシングルカットされ、プロモーションが開始されると、R&B系のラジオでのエアプレイが牽引する形で火が点き、55位⇒37位⇒17位と全米シングル・チャートを駆け上がるように。先週には全米シングル・チャートで11位まで上昇、R&Bチャートでは1位に。またYouTubeチャートでもミュージック・ビデオ・ランキング&楽曲ランキングでそれぞれ2位と大ブレイク。そして今週、ついに8位とトップ10入りを果たしたのでした。

エラ・メイは昨年後半から、リトル・シムズ『Stillness In Wonderland (Deluxe Edition)』に追加された“Backseat”(ヴァンジェスと共にアディショナル・コーラスで参加)、クリス・ブラウン『Heartbreak On A Full Moon (Deluxe Edition): Cuffing Season – 12 Days Of Christmas』に追加された“This X-Mas”とゲスト参加、今年1月にもクレイグ・デイヴィッド『The Time Is Now』のデラックス・バージョンに収録された“Talk To Me, Pt. II”でデュエット相手を務めています。

フォーキーな最新シングル“Naked”は昨年11月にリリースされた楽曲ですが、残念ながらいまだに日本では未配信のままです。