bmr

bmr>HOTSPOT>[live videos] デスチャ再集結もあったビヨンセ、ケンドリックが登場するSZAなどなど……コーチェラのライブ映像

HOTSPOT

[live videos] デスチャ再集結もあったビヨンセ、ケンドリックが登場するSZAなどなど……コーチェラのライブ映像

beychella

先週末に開催された〈Coachella Valley Music and Arts Festival〉より、あらゆるエンターテインメントを呑み込んだ、圧巻としか言いようのないパフォーマンスを披露したビヨンセの14日(土)ヘッドライナー・ステージを始め、ケンドリック・ラマーも登場したSZAなどの映像をご紹介。非公式であるため削除される可能性があること、ご了承ください。

(※4/17update: ザ・ウィークエンド、カーディ・Bを追加しました)

日本時間では日曜だったこともあり、公式チャンネルでのインターネット生配信(と追っかけ再生)で堪能した人も多かったでしょうビヨンセのステージ。チャンス・ザ・ラッパーが「史上最高のショウを観た」とつぶやき、花道の最前列にはリアーナもいたというこの伝説の2時間弱、夫ジェイ・Zや妹ソランジュの登場に加えて、終盤に実現した(2013年のスーパーボウルに続く)デスティニーズ・チャイルド再集結(part 2の25分あたりから)もヘッドラインを賑わせました。“Top Off”の前にシャウトアウト音声が流れたDJキャレドによる「ビーチェラ!」発言もあって「Beychella」という呼び方も流行ってますね。


初日13日(金)のヘッドライナーを務めたのはザ・ウィークエンド。ゲスト参加した曲から、全米アルバム・チャートで初登場1位となった最新作『My Dear Melancholy,』からの曲もがっつり披露しています。


アルバム・デビューしたばかりのカーディ・Bはおよそ30分のステージ。レフト・アイを意識したようなツインテール姿で、大ヒット中の『Invasion Of Privacy』の楽曲を中心に披露。G・イージーを筆頭に、YG、チャンス・ザ・ラッパー、ケラーニ、21サヴィジまで登場、“Finesse (Remix)”も(ちょっとだけですが)披露し、ノリにノってるのがありありと伝わるステージに。

SZAの40分ほどのステージは、リアーナに譲る形になった(元々は『CTRL』用だった)“Consideration”をセルフ・カバー(と言うのかな)してからの後半戦にゲストが続々。TDEからアイゼイア・ラシャドが駆けつけて“Pretty Little Birds”を披露したのに続き、意外やトリッピー・レッドが出てきて自分の“Dark Knight Dummo”で共演(コラボ予定でもあるんでしょうか?)。そして最後はもちろん(?)、ケンドリック・ラマーが登場して、“Doves In The World”と“All The Stars”を披露。同じく『CTRL』のデラックス版を出す……と言っているSZAですが、具体的なことは不明です。

またノーネームが未発表曲を披露した映像、ヴィンス・ステイプルズがケンドリック・ラマーを招いて『Big Fish Theory』より“Yeah Right”を披露した映像も。

ちなみにコーチェラ公式チャンネルでは、フジロックで来日予定のポスト・マローンによる“rockstar”と“Psycho”、アルバムが長らく待たれるCHIC featuring ナイル・ロジャースによる“Good Times”、クローメオが6月に発表予定の新作『Head Over Heels』に収録される最新シングル“Must’ve Been”と過去曲“Bonafied Lovin’”、そして今年のサマソニにも出演するマリアン・ヒルが昨年 iPhone 7 + AirPodsのCMに起用され話題になった“Down”などを披露する映像が公開されていますよ。