bmr

bmr>HOTSPOT>[present] サウンズ・オブ・ブラックネス来日公演にご招待

HOTSPOT

[present] サウンズ・オブ・ブラックネス来日公演にご招待

Sounds Of Blackness

チャンス・ザ・ラッパーが踊り、コモンらによる新グループ=オーガスト・グリーンがブランディをボーカルに据えてカバーするなど、1991年の代表的ヒット“Optimistic”が再注目されているグラミー受賞ゴスペル・グループ、サウンズ・オブ・ブラックネスが間もなく来日。この来日公演にbmr読者を抽選でご招待いたします。

※応募は終了しました

サウンズ・オブ・ブラックネスは、40年以上に渡って活動してきた歴史あるゴスペル・グループ。特にジャム&ルイスのプロデュースとリード・ボーカルを務めたアン・ネズビーの力強い歌声により、90年代初頭にR&Bチャートやダンス・チャートでもヒットを放つなどゴスペルの枠を超えて活躍したことで有名です。1991年にジャム&ルイスのPerspectiveから発表された『The Evolution of Gospel』は、R&B/ヒップホップ・チャートで最高3位を記録した“Optimistic”を始めヒットを連発し、アルバムは翌1992年の第34回グラミー賞で最優秀ゴスペル・アルバム賞に輝きました。

また、92年の映画『モー・マネー』ではジャム&ルイスがサントラを手がけたこともあってダンサブルな“Joy”を提供。“I Believe”、“Everything Is Gonna Be Alright”といったヒットと共に、90年代前半のジャム&ルイス仕事として(あるいはアン・ネズビーのサウンズ・オブ・ブラックネス期の活躍として)記憶している人も少なくないでしょう。

プリンスの『Batman』やスティーヴィー・ワンダーの『Conversation Peace』、久保田利伸の『THE BADDEST』を始め、数多くの人気アーティストの作品に参加、共演するなど、コンテンポラリー・ゴスペルの先駆者として音楽史に刻まれる活躍を成し遂げてきたサウンズ・オブ・ブラックネスですが、もちろん「過去のグループ」ではなく、2005年には久々にアン・ネズビーが参加したことが話題になった『Unity』、2011年にはアン・ネズビーの娘ジャミーシア・ベネットが参加した『The Sounds Of Blackness』をMalacoから発表するなどリリースも続けており、2015年に“Black Lives Matter: No Justice No Peace”、2016年に“Royalty”といった新曲も発表されています。

しかし、2015年には本家アン・ネズビーに加えて、娘のジャミーシア&孫のパリス・ベネットもフィーチャーしたハウス・リメイク版が発表された“Optimistic”が特に最近ふたたび脚光を浴びたことで有名でしょう。2017年1月、ドナルド・トランプの米大統領就任に対する暗いムードが漂う中、これに対し、「希望を持とう」とサウンズ・オブ・ブラックネスの曲に合わせて踊る「Optimistic Challenge」がSNSで流行。あのチャンス・ザ・ラッパーも踊ったことで大きな話題となりました。さらに今年に入って、コモン、ロバート・グラスパー、カリーム・リギンスが結成したオーガスト・グリーンが、ブランディをボーカルに据えて“Optimistic”をリメイク/カバー。今月頭にリリースされた『August Greene』にも収録されています。

まさに今、この時代に“Optimistic”が求められているわけです。カニエ『The Life Of Pablo』に始まり、チャンスの『Coloring Book』、映画『ドリーム』のファレルが手がけたサントラ『Hidden Figures: The Album』、そしてスヌープが贈るゴスペル・アルバム『Bible Of Love』が今月発表……とゴスペルにまつわる話題も尽きません。

そんな絶妙なタイミングに、サウンズ・オブ・ブラックネスの久々の来日公演が決定。bmr読者から大阪と東京、それぞれ抽選で3組6名さまをご招待します。ご応募の際は招待の対象となる公演日時とステージをよくご確認ください。アン・ネズビーの娘であり、昨年末に久々のソロ新曲“Man 4 Me”も発表したジャミーシア・ベネットもやってきますよ!

※応募は終了しました

〈サウンズ・オブ・ブラックネス来日公演〉
■ ビルボードライブ大阪公演
日時:
2018年4月9日(月)1stステージ 開場17:30 開演18:30 ←今回の招待対象公演(大阪)
2018年4月9日(月)2ndステージ 開場 20:30 開演21:30
価格:サービスエリア 9,800円/カジュアルエリア 8,800円

■ ビルボードライブ東京公演
日時:
2018年4月10日(火)1stステージ 開場17:30 開演19:00 ←今回の招待対象公演(東京)
2018年4月10日(火)2ndステージ 開場20:45 開演21:30
2018年4月12日(木)1stステージ 開場17:30 開演19:00
2018年4月12日(木)2ndステージ 開場20:45 開演21:30
価格:サービスエリア 10,800円/カジュアルエリア 9,800円

Twitterによる応募となります。ご希望の方は、以下の3つの手順を踏んでください。

(1) Twitterで@bmr_jpのアカウントをフォローの上

(2) @bmr_jpのこちらのツイートをリツイート

 

(3) 下記(A)か(B)の要領で応募ツイート  (A)(B)いずれも大阪公演もしくは東京公演のどちらに応募しているかを明記してください

(A) 上記(2)でリツイートした@bmr_jpのツイート(https://twitter.com/bmr_jp/status/979326165377667072)を引用リツイートする形
(B) 本記事のURL http://bmr.jp/hotspot/200716 と@bmr_jpと共にツイートする形(※本記事上のツイート・ボタンからツイートするとURLと@bmrjpは必ず含まれます)。

ツイート例:

大阪公演に応募します [HOTSPOT] [present] サウンズ・オブ・ブラックネス来日公演にご招待 @bmr_jp より http://bmr.jp/hotspot/200716

〆切は4月2日(月)13時まで。当選者にのみ、DMでご連絡いたしますのでご了承ください。

来日予定メンバー:
Gary Hines (Musical Director, Keyboards)
Billy Steele (Assistant Director, Keyboards, Vocals)
Carrie Harrington (Vocals)
Patricia Lacy (Vocals)
Jamecia Bennett (Vocals)
Ashley Commodore (Vocals)
Artisha Knight (Vocals)
Leonard Jones (Vocals)
Melissa Kennedy (Vocals)
Geoffrey Jones (Vocals)
Larry Sims (Trumpet)
Juan Navarro (Trombone)
Yohannes Tona (Bass)
Larry Robinson (Drums)
Daryl Boudreaux (Percussions)