bmr

bmr>HOTSPOT>[live video] ビッグ・K.R.I.T.が、RGEのメンバー+BM・コックスと披露した12分のライブ映像

HOTSPOT

[live video] ビッグ・K.R.I.T.が、RGEのメンバー+BM・コックスと披露した12分のライブ映像

Big K.R.I.T. - NPR Tiny Desk Concert 2018

ジャズ、ブルース、ソウル、ゴスペルをヒップホップと結びつける「キング・オブ・サウス」ことビッグ・K.R.I.T.が、NPRの人気ライブ企画「Tiny Desk Concert」に登場。

2枚組の大作となった昨年の傑作『4eva Is A Mighty Long Time』より、“Mixed Messages”、リード曲“Keep The Devil Off”、そして“Bury Me In Gold”の3曲を披露しました。途中で子供の頃にドネル・ジョーンズの“Where I Wanna Be”を兄弟で歌ったテープを流しておばあさんの話をしたり、最後の“Bury Me In Gold”ではやり直しも。

バンド・メンバーが流石はキングという豪華さで、アッシャー“U Got It Bad”、“Confessions Part II”、“Burn”やメアリー・J.“Be Without You”、マライア“Shake It Off”といった大ヒット・シングルを生み出した名R&Bプロデューサーとしても知られるブライアン・マイケル・コックスが鍵盤(『4eva Is A Mighty Long Time』にも参加)。『4eva Is A Mighty Long Time』だけでなく、コモン+グラスパー+カリーム・リギンスによる新グループ=オーガスト・グリーンの「Tiny Desk Concert」でも弾いていたバーニス・アール・トラヴィス二世がベース、そして昨年のロバート・グラスパー・エクスペリメントのツアーなどではアール・トラヴィスと共に一員だったジャスティン・タイソンがドラム。

ジル・スコット、シーロー・グリーン、オーガナイズド・ノイズ、スリーピー・ブラウン、ジョイ、ロイド、T.I.、UGKから、ビラル、ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、キーヨン・ハロルド、ジャマイア・ウィリアムスなどなど参加の『4eva Is A Mighty Long Time』は、Mass Appealの年間ベストで10位になるなど高く評価されました。こちらで全曲フル試聴できます

1. Mixed Messages (-4:14)
2. Keep The Devil Off (5:18-7:50)
3. Bury Me In Gold (11:41-)

Big K.R.I.T. (vocals)
Burniss Travis II (bass)
Justin Tyson (drums)
Bryan-Michael Cox (keys)